stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

コラム:ストレスレスな旅「穏やかな景色に心が癒される、美しき古都ルアンパバン」

コラム:ストレスレスな旅「穏やかな景色に心が癒される、美しき古都ルアンパバン」

SHARE

家でお気に入りのモノに囲まれ、心地よい空間を作ることは、日常生活においてストレスレスになる近道ですが、
時に非日常な環境でストレスレスになる方法と言えば、断然「旅」でしょう。見知らぬ土地に行き、美しい景色やローカルの食、そこで暮らす人々やカルチャーに触れたり、体験すること―――「旅」は、心地よい解放感と非日常の世界での経験を与えてくれるとともに、新しい自分に気づいたり、何かを生み出したりするきっかけも与えてくれます。ここでは、そんないつか行ってみたい、極上のストレスレスな「旅」や旅を通じてできる「体験」をご紹介します。

Text & Photo: Kazumi Serizawa Edit: F.M.J. magazine

かつて王国の首都として栄えた街

ラオスの国土は日本の本州程度しかなく、人口はわずか約650万人。そんな小さな内陸の国で、1975年まで王国の首都として栄えていたのが、ルアンパバン。多くの仏教寺院が立ち、昔ながらの風景が残されていることから、世界遺産にも登録されています。

「東南アジア最後の秘境」。かつてはそう呼ばれたこともありましたが、今は欧米人を中心に多くの旅行者が訪れる観光地となっています。とはいっても、街には高層ビルも、外資系のチェーン店もありません。

独特の雰囲気を漂わせながらも、治安のよさと観光地としての歩きやすさを併せ持つルアンパバンは、ひとり旅にもぴったりの場所。ドレスコードが必要な肩肘張ったレストランも少なく、気軽においしい料理を楽しめるのも魅力です。

街のいたるところで見かけるのは、仏教寺院。メインストリートを数メートル歩けば寺院の黄金の装飾が現れるほどです。ラオスは敬虔な仏教国。オレンジ色の袈裟を着た僧侶とすれ違うこともたびたび。夜明けとともに僧侶が街を練り歩き、人々のお布施を受け入れて歩く托鉢風景は、もはや街の名物にもなっています。

熱帯モンスーン気候のルアンパバンは、夏の日中はとても暑く、散策するなら早起きが鉄則。ラオスの朝は早く、夜明けとともに、朝の托鉢や朝市がスタートするので街歩きは楽しく、早起きもけっして苦になりません。

清々しい朝を感じられるのが、プーシーの丘。街の中心地に位置するここはサンセットの名所として知られていますが、朝の凜とした空気のなかで見下ろす風景も素敵です。連なる民家の赤い屋根や悠々と流れるメコン川、川の向こうに見える緑……。自然の中での豊かな暮らしが息づくルアンパバンを眺めることができます。

郊外まで足を延ばせば、さらに感動的な絶景に出会うことができます。有名なクアンシーの滝は、市内から約30キロ。途中、バッファローの群れとすれ違い、棚田を仰ぎながら向かうアプローチも、ちょっとワクワクさせられます。

心地よい風が流れるローカルのカフェ

朝の散策を終えたら、日中はホテルへ帰ってひとやすみ。テラスでハーブティーを飲んだり、うとうとしたりするのも、至福の時間です。

夕方、日差しが和らいできた頃に、ふたたび街へ。約2キロのメインストリートには雑貨店やカフェがずらりと並んでいて、それらをめぐるのも楽しみのひとつ。メコン川とカン川に挟まれている市街地はとても小さく、いつのまにか店を切り盛りしているファミリーと顔見知りになることもあって、これもなんだか嬉しくなります。

ルアンパバンには、いたるところに小さなカフェがあって、各国からのツーリストがくつろいでいます。どの店もラオスらしさを感じるところばかり。天井で廻るファンや籐でできた家具、オープンエアの席がリゾートらしくて、旅情が誘われます。

カフェでオーダーするのは、もちろん、ラオス・コーヒー。風がよく通るオープンエアの席に座って、トゥクトゥクが行き交う様子を眺めながらコーヒーを飲む時間は、日頃の疲れや忙しさを、すっかり忘れさせてくれました。

ルアンパバンに滞在中、夕方になると足を運んだ場所が、メコン川。観光客も多いけれど、ここは川面から吹く風が心地よくて、いつまでもいたくなります。リバービューのカフェで、川面をオレンジに染める夕暮れどきを待つのが、何よりの楽しみでした。

寺院やサンセットが美しいルアンパパンは、人々の手で守られる伝統工芸の美しさにもはっとさせられます。ある日、訪ねたのは街のはずれにある機織り工房。メコン川を見下ろす工房では、蚕から糸をとり、それを植物で染め織り上げるまで、すべて手作業で行なわれていました。織機の紋板を変えながら伝統的な紋様を布に織り込んでいく女性たち。そのしなやかな姿は、街に負けないほど美しく、今でも鮮明に記憶に残っています。絶景ばかりでなく、こんなふとした光景も、次なる旅への気持ちをかきたてるのかもしれません。

旅行ライター/芹澤和美(せりざわ・かずみ)_編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。
旅行ライター/芹澤和美(せりざわ・かずみ)_編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。
SHARE