stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

コラム:「人生を変える出会いを描いた」ストレスレスな映画3選

コラム:「人生を変える出会いを描いた」ストレスレスな映画3選

SHARE

仕事や人間関係など、何かとストレスの溜まりやすい現代だからこそ、家のなかではお気に入りのチェアに座って心身ともにリラックスしながら有意義な時間を過ごしたいもの。そんなくつろぎの時間に欠かせないものといえば、何といっても良質な映画ではないでしょうか。そこで、1人でも家族とでも自宅で楽しめて、心がほぐれるような“ストレスレスな映画”を毎回テーマに合わせてご紹介します。

今回のテーマとなるのは、「人生を変える出会いを描いた」ストレスレスな映画。多くの人が出会いと別れを体験するいまの時期だからこそ観たいオススメの映画を3つご紹介します。

Text: Masami Shimura Edit: F.M.J. magazine

『マイ・インターン』

『マイ・インターン』/ブルーレイ ¥2,381/DVD ¥1,429 (ともに税別)/発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
『マイ・インターン』/ブルーレイ ¥2,381/DVD ¥1,429 (ともに税別)/発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

定年世代も共感!新たな一歩を踏み出す勇気をくれる感動作!

まず1本目は、若くしてファション業界で成功を収めた女性が、部下として入社してきた70歳の“新人”との出会いを通して、自分らしく生きていく姿を描いた『マイ・インターン』。仕事と家庭の両立を図ろうとする主人公ジュールズの姿に、多くの働く女性たちが共感していることもあり、一見女性向けと思われがちですが、実は男性にも響くのがこの作品の見どころです。

その理由としては、もうひとりの主人公として登場する新米インターンであるベンの存在。名優ロバート・デ・ニーロが経験豊富で心の広い男性を見事に体現していますが、いくつになっても自分の心がけ次第で、人生はまだまだ新しい可能性と希望で満ち溢れているのだと感じさせてくれます。

そんな彼が大事な出会いをするシーンで舞台となるのは、誰もがうらやむ社内完備のマッサージルームですが、そこでロバート・デ・ニーロを癒しているのはストレスレスチェア。同じ環境で本作を鑑賞している方にとっては、映画とリンクしているかのような気分を味わうことができそうです。

定年を迎えると「この年から新しいことを始めるのはちょっと…」としり込みしてしまう人もいるかもしれませんが、そんなときこそ優しく背中を押してくれる本作。人生においてはインターン気分で初心を忘れないことが新たな道を切り開くヒントかもしれません。


『ヴィンセントが教えてくれたこと』

『ヴィンセントが教えてくれたこと』Blu-ray&DVD発売中/Blu-ray ¥4,700(税別)/DVD ¥3,800(税別)/発売元:キノフィルムズ/木下グループ<br />
販売元:ポニーキャニオン/(C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.
『ヴィンセントが教えてくれたこと』Blu-ray&DVD発売中/Blu-ray ¥4,700(税別)/DVD ¥3,800(税別)/発売元:キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン/(C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

年齢なんて関係ない!胸が熱くなる異色のバディムービー!

続いては、不良オヤジといじめられっ子の少年という凸凹コンビが繰り広げるハートフルストーリー『ヴィンセントが教えてくれたこと』。お酒とギャンブルを愛する変わり者のヴィンセントが隣に引っ越してきた12歳のオリバーと出会うことによって、それぞれの人生が動き出す瞬間が描かれています。

お互いに孤独を感じていること以外、一切共通点のない2人にも関わらず、少しずつお互いを理解し、かけがえのない存在へとなっていく姿には、誰もが心をつかまれるはず。ヴィンセントを演じるのは唯一無二の俳優ビル・マーレイですが、その存在感にも負けない輝きを見せているのが子役のジェイデン・リーベラー。年齢を超えた2人の絶妙なやりとりは、本作でも見どころのひとつとして、いつまでも見ていたくなるところです。

年を重ねれば重ねるほど、いまさら自分を変えられないと思ってしまうものですが、ときには他人と向き合うことで新たな自分とも出会うことができるもの。年齢や先入観だけで相手を判断していると見落としがちですが、人生を変える出会いは意外と近くに転がっているのかもしれません。

さまざまな経験を重ねている大人でも、子どもから学ぶことはまだまだ多いものだと教えてくれる本作からは、どんな出会いも必然であり、それこそが人生の宝物なのだと感じるはず。はちゃめちゃな展開に爆笑、そしてそれぞれが抱える思いに号泣必至の作品です。


『最高の人生の見つけ方』

『最高の人生の見つけ方』/ブルーレイ ¥2,381  DVD ¥1,429(ともに税別)/発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
『最高の人生の見つけ方』/ブルーレイ ¥2,381 DVD ¥1,429(ともに税別)/発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

最後の瞬間まで輝き続ける秘訣を教えてくれる人生讃歌!

そして最後は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンというハリウッドが誇る名バイプレイヤーが魅せるヒューマンドラマ『最高の人生の見つけ方』です。主人公となるのは、余命6ヶ月と宣告された2人の男たち。自動車整備工と大金持ちの実業家という決して出会うはずのなかった彼らが、残された時間でやり残したことを叶えるために人生最後の冒険へと繰り出す様子が描かれています。

本作の原題は「The Bucket List」といって、死ぬまでにしておきたいことのリストという意味。高齢化社会が年々進み、いまでは終活という言葉も当たり前に使われるようになりましたが、まさに“終活ムービー”ともいえる1本です。彼らと同年代の人はもちろん、若い人にとっても生き方を考え直すきっかけをくれる珠玉の物語となっています。

どのような最後を迎えたいかと考えることは、これからどう生きたいかと考えるのと同じこと。誰にでもいずれは訪れる死に対して、どのように向き合うべきなのかを自問せずにはいられません。6ヶ月しかないのか、6ヶ月もあるのか、同じ時間でも過ごし方によっては、価値が大きく異なるもの。そんな2人が迎える最後を見届けたときには、爽やかな感動が胸に広がるはずです。


以上、出会いをテーマにしたオススメの映画3選をご紹介しました。誰の人生においても欠かすことのできない一期一会。この春も運命を変える出会いがすぐそこまで来ているかもしれません。まずは映画とステキな出会いをしてみては?

ライター/志村昌美(しむら・まさみ)_映画宣伝マンとして洋画や邦画の宣伝に携わったのち、ライターに転向。イタリアとイギリスへの留学経験から日・英・伊・仏のマルチリンガルを目指しつつ、映画紹介やインタビューなどを中心に女性向けサイトやエンタメ系メディアで執筆中。
ライター/志村昌美(しむら・まさみ)_映画宣伝マンとして洋画や邦画の宣伝に携わったのち、ライターに転向。イタリアとイギリスへの留学経験から日・英・伊・仏のマルチリンガルを目指しつつ、映画紹介やインタビューなどを中心に女性向けサイトやエンタメ系メディアで執筆中。
SHARE