stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

コラム:「実話から生まれた」ストレスレスな映画3選

コラム:「実話から生まれた」ストレスレスな映画3選

SHARE

仕事や人間関係など、何かとストレスの溜まりやすい現代だからこそ、家のなかではお気に入りのチェアに座って心身ともにリラックスしながら有意義な時間を過ごしたいもの。そんなくつろぎの時間に欠かせないものといえば、何といっても良質な映画ではないでしょうか。そこで、1人でも家族とでも自宅で楽しめて、心がほぐれるような“ストレスレスな映画”を毎回テーマに合わせてご紹介します。

初回を飾るテーマは、「実話から生まれた」ストレスレスな映画。実話をもとにしているからこそ、そこには本当のドラマがあります。今回はそんな感動作を3つご紹介します。

Text: Masami Shimura Edit: F.M.J. magazine

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

2017年6月2日/ マダム・フローレンス! 夢見るふたり/ 税抜:3,800円(税込:4,104)/ 発売元:ギャガ・販売元:ギャガ/ (c) 2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved.
2017年6月2日/ マダム・フローレンス! 夢見るふたり/ 税抜:3,800円(税込:4,104)/ 発売元:ギャガ・販売元:ギャガ/ (c) 2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved.

世界中を魅了! 夢見る力がすべてを変える!

まず1作目は、今年の疲れが徐々に出てきてなかなかヤル気が起きないという方にぴったりの『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』。音楽好きの間では“あること”で有名な歌姫の人生を描いた作品です。その人物とは、1944年に76歳にしてニューヨークのカーネギーホールを満席にしたという伝説を持つフローレンス・フォスター・ジェンキンス。しかし、実際は超絶オンチだったという彼女がいかにして最高峰のステージに立つことができたのか、本作ではその裏側に迫っています。

そこにはいくつになっても夢を諦めずに突き進むフローレンスと、無謀とも思える妻の願いを叶えるために奔走する夫、さらにそれを支える人々の姿が映し出されていますが、それぞれの持つ愛情の深さには思わず胸が熱くなるところ。何事も上手くこなせるに越したことはないものの、それに固執するあまり、本当に大事なことを忘れがちだと思い出させてくれるはずです。

そして、実在の人物を演じさせたら右に出る者はいない大女優メリル・ストリープが圧巻の演技を見せていますが、歌唱力に定評のある彼女が下手に歌うために猛特訓を重ねたというだけあって、本人と間違えるほどの完成度。映画を楽しんだあとには、いまなおカーネギーホールのアーカイブで一番の人気だというフローレンス渾身の歌声を堪能してみるのもオススメです。


『LION/ライオン~25年目のただいま~』

2017年10月3日/ LION/ライオン~25年目のただいま~【初回生産限定】アウタースリーブ付/ 税抜:3,800円(税込:4,104)/ 発売元:ギャガ・販売元:ギャガ/ ©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
2017年10月3日/ LION/ライオン~25年目のただいま~【初回生産限定】アウタースリーブ付/ 税抜:3,800円(税込:4,104)/ 発売元:ギャガ・販売元:ギャガ/ ©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

25年間迷子だった青年が1万キロ先でたどりついた答えとは?

次にご紹介するのは、テクノロジーが進化した現代だからこそ起きた奇跡の実話を描いた『LION/ライオン~25年目のただいま~』。最近では、事件が起こるたびにその背景にあるインターネットやSNSの存在が問題視されることもありますが、一方でそれらの発展が私たちの生活を豊かにし、思いがけない出来事を引き起こすことがあるのも事実。

そんななか昨年映画化されたのは、5歳のときにインドで迷子となり、その後オーストラリアに養子として引き取られた青年がふとしたことをきっかけに25年のときを経て自分の故郷を見つけ出すというストーリー。この奇跡の立役者となったのは、いまや私たちの日常にもなじみ深いGoogle Earth。生まれた場所も地名も言葉さえも思い出せない彼が、一体どうやって道を切り開いていったのかは、結末がわかっていてもなお緊張感に包まれてしまうのです。

そして、そんな感動を見事に再現した俳優陣には、初めてとは思えない名演技を披露する子役をはじめ、本作でアカデミー賞にもノミネートされた『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテルとニコール・キッドマンらが勢揃い。琴線に触れるような熱演によって、育ての親と生き別れた家族との間に抱える葛藤や家族の絆がリアルに感じられ、こみ上げてくる涙を止められないはずです。ラストには、タイトルであるライオンに隠された秘密も明かされるので、そちらもお見逃しなく。


『最強のふたり』

2015年6月24日/ 最強のふたり スペシャル・プライス/ 税抜:1,500円(税込:1,620)/ 発売元:ギャガ・販売元:アミューズソフト/ © 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
2015年6月24日/ 最強のふたり スペシャル・プライス/ 税抜:1,500円(税込:1,620)/ 発売元:ギャガ・販売元:アミューズソフト/ © 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

一大ブームを巻き起こしたフランス映画! 男の友情が胸を打つ!

そして最後は、2011年にフランスで国民の3人に1人が観たといわれたほどの社会現象を巻き起こし、いまなお愛されている『最強のふたり』。事故の後遺症で車いす生活を余儀なくされた富豪の男性と介護役に選ばれた前科のあるスラム街出身の青年という決して出会うはずのなかった2人の間に生まれた異色の友情を描いた物語です。

それぞれが抱えている悩みはまったく違うものの、階級や年齢にとらわれることなく、真の友情を育むことができたのは、お互いにひとりの人間として相手を見ていたからこそ。誰かを幸せにすることは、同時に自分のことを幸せにしているということでもあり、人と人との正しい向き合い方も教えてくれるはず。2人が繰り広げるエスプリの効いた会話とフランス流のブラックユーモアが楽しめる本作は、笑いあり涙ありの作品としては鉄板の1本です。

この映画の大ヒットにより一躍ブレイクした主演のオマール・シーは、フランスの全国紙が昨年行った人気投票でも1位に輝くほど相変わらず高い人気を誇っていますが、いまやハリウッド作品にも出演するなどまさにフランスを代表する俳優のひとり。そんな彼のトレードマークともいえる太陽のような溢れる笑顔に、心まで温かくなるのをぜひ感じてください。


以上、実話をもとにした感動作3選をご紹介しました。「事実は小説よりも奇なり」という言葉があるように、世の中には想像もつかないような出来事がまだまだあるもの。どの作品からも自らの可能性に制限をかけることなく、全力で人生を楽しむための秘訣を学ぶことができるはずです。年末にかけてこれからますます忙しくなるときだからこそ、ここで一度“心の栄養”を蓄えてから、新たな気持ちで最高の12月を迎えてみては?

ライター/志村昌美(しむら・まさみ)_映画宣伝マンとして洋画や邦画の宣伝に携わったのち、ライターに転向。イタリアとイギリスへの留学経験から日・英・伊・仏のマルチリンガルを目指しつつ、映画紹介やインタビューなどを中心に女性向けサイトやエンタメ系メディアで執筆中。
ライター/志村昌美(しむら・まさみ)_映画宣伝マンとして洋画や邦画の宣伝に携わったのち、ライターに転向。イタリアとイギリスへの留学経験から日・英・伊・仏のマルチリンガルを目指しつつ、映画紹介やインタビューなどを中心に女性向けサイトやエンタメ系メディアで執筆中。
SHARE