stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

仕事効率も上がる花のある暮らし

仕事効率も上がる花のある暮らし

SHARE

花はただ飾るだけのものと思っていませんか?
実は花を飾ることで私たちの生活にさまざまな効果をもたらし、仕事の効率化にも役立つのです。

「最近仕事がうまくいっていない」という方は、花を一輪だけでもいいのでデスクに置く習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

今回は、オフィスに花を飾るとどのような効果が得られるかをご紹介します。

■リラックス効果

花を見ると「きれいだな」と感じたり「ホッとする」という方は多いでしょう。

花を見た時の癒しやリラックス効果は、国立大学法人千葉大学環境健康フィールドセンターで2011年に研究結果が発表されており、科学的にも証明されているのです。

その研究とは、ピンクのバラ・赤いバラ・プランター植えの黄色いパンジーを一定時間見つめるという内容で、緊張やストレスを感じる交感神経の働きがどの花でも低下し、さらにリラックスした状態で優位になる副交感神経の働きが上昇しました。
この研究は高校生・医療従事者・オフィスワーカーを対象に行われ、それぞれ平均的な数値は多少異なるものの、リラックス効果や鎮静作用を得られています。

また、同研究では生花の匂いに関しても研究が行われ、「弱い匂い」から「楽に感じる匂い」になるよう調節し、鼻の下10cmからバラの生花の香りを90秒嗅いでもらうというものです。
結果として交感神経の働きは低下し、副交感神経の働きが高まったことから、生花の香りだけでも身体がリラックスするということがわかりました。

精油を使うアロマよりも生花の香りは自然でほのかに香るため、穏やかな気持ちになれる方も多いようです。

■空気を綺麗にしてくれる

切り花ではなく、花が咲く観葉植物なら空気清浄効果も期待できます。
特に空気清浄効果が高い、おすすめの観葉植物をご紹介します。

①スパティフィラム

カラーなどと同じサトイモ科の植物で、純白の仏炎苞を持ち、葉の緑が深く華やかさのある観葉植物です。
深い緑に白い花が凛としており、その見栄えの良さから人気があります。

スパティフィラムはやや乾燥に弱いのですが、比較的育てやすく二酸化炭素を浄化する効果が高いのがポイントです。
小鉢〜中鉢ほどの大きさなので、オフィスや書斎などに置いてあってもじゃまになりません。

室内の日当たりの良い場所であれば一年を通して開花しますので、室内の華やかさも増すでしょう。

②アンスリウム

アンスリウムもスパティフィラム同様サトイモ科の植物です。
赤く光沢のあるハート型の花が特徴で、ホルムアルデヒド・トルエン・アンモニアを吸着し除去してくれます。

寒さと乾燥に弱いため、室内の日当たりのいい場所に置き、土が乾いたら水をたっぷり与え、乾燥する日は霧吹きで葉を濡らすなど湿度や土の渇き方などに気を配る必要があります。

少し手間はかかるかもしれませんが、その分癒しと空気清浄の効果を得られるでしょう。


■オフィスに華やかさがプラスされる

「オフィスの雰囲気が思い」
「みんながピリピリしている」

雰囲気が悪い職場では自分まで重い空気にあてられてしまい、ストレスが溜まってしまいます。

そんな時は花を買ってきてオフィスに飾ってみましょう。
花束でなく一輪の花でも、花が持つリラックス効果で周りの雰囲気が良くなるかもしれません。

また、殺風景なオフィスよりも花のあるオフィスの方が華やかになります。
オフィスに華やかさがプラスされれば、自然とオフィス内の活気も出るでしょう。

■仕事の効率化にも役立つ

仕事の効率化も合わせて考えたいのであれば、花の色を選びましょう。

①集中力をアップさせたい時

集中力をアップさせたいなら、おすすめなのが青色の花です。
青色は鎮静効果があり、心身ともにリラックスさせることができます。

また、意識を自分の内面に向ける効果もあるため、集中力アップに繋がるのです。
青みがかった緑や紫、水色などでも同様の効果が期待できます。

○デルフィニウム

ギリシャ語のイルカから名付けられた花。
鮮やかな青い花で、切り花はスプレー咲きと一本咲きのものがある。

○オキシペタルム(ブルースター)

5枚の花弁が星のように見える花。
淡いブルーの花や、白からブルーのグラデーションのものなどさまざまな品種がある。

○ニゲラ

細い茎が枝分かれし、落ち着いたブルーの花を咲かせるニゲラは涼しげな雰囲気。
ドライフラワーにも向いているオシャレ感のある花。

○エリンジューム

金属質の光沢が特徴的な花。
球状に小花が集まり、紫に近いブルーの品種がよく出回っている。

○リンドウ

リンドウの切り花は咲く品種と咲かない品種があるので注意。
咲くのは「ササリンドウ系」の品種。

②判断力を高めたい時

判断力を高めたいのであれば、黄色がおすすめです。
黄色は左脳を刺激する色で、自由な発想を引き出し、判断力だけでなく思考力も高めます。

○バラ

さまざまな色があるバラは好みの黄色を選べる。
緑がかったものや山吹色など、黄色の濃さもさまざま。

○ガーベラ

ガーベラはオレンジや黄色も存在感がある。
バラなどと合わせるとより一層華やかに。

○ミモザ

球体状に集まった小さな花を多数咲かせる。
ミモザのみで飾ってもオシャレな雰囲気に。

○ルピナス

和名は「昇り藤」で紫などが多いが黄色もある。
藤の花を逆さにしたような特徴的な形の花。

③やる気を出したい時

赤はアドレナリンの分泌を促して神経を興奮させ、行動力を引き出すことができる色です。
仕事への意欲が湧かない時や、奮起しなければいけない時には赤い花を選びましょう。

○バラ

鮮やかな赤から真紅までさまざまな色が選べる。
グラデーションのものも華やかで存在感がある。

○カラー

白いイメージの強いカラーは実はさまざまな色がある。
赤いカラーは落ち着いた色味のものが多い。

○ダリア

ダリアはボール咲きや変わり咲きなど形も選べる。
色やグラデーションもさまざまなので選ぶのも楽しめる。

■まとめ

今回は、オフィスに花を飾るとどのような効果が得られるかをご紹介しました。

オフィスに花を飾ることでメリットはあれどデメリットはありません。
花のリラックス効果や仕事を効率化できる効果もあるので、女性だけでなく男性も職場に花を置く習慣をつけてみましょう。


SHARE
関連記事
ピックアップ