stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

丁寧な暮らしで仕事も丁寧に

丁寧な暮らしで仕事も丁寧に

SHARE

「職場での人間関係を良くしたい」
「仕事で小さなミスが多い」

仕事での自分を改善したくても、仕事に追われ、疲れてご飯は作れず、家事も疎かに…そんな状態ではとても職場の人間関係や作業内容まで気にできるほど余裕はできませんよね。
まずはゆとりを持ってリラックスできる生活に改善し、暮らしも仕事も丁寧にできるようになりましょう。

今回は、暮らしの質を上げ、丁寧で信頼されるビジネスマンになる方法をご紹介します。

■暮らしの質を上げるにはどうすればいいのかを把握する

仕事を丁寧に行えるビジネスマンになるためには、まず普段の暮らしを丁寧にする事で、自分に余裕を持つことが大切です。

普段の生活にゆとりが持てれば気持ちに余裕が生まれ、暮らしの中でも仕事でも今までは見えていなかったことに気付くことができるようになります。
しかし、暮らしの質を上げるとひとことで言っても「何からすればいいの?」と感じる方は多いでしょう。

自分の暮らしを振り返ってみて気になっているポイントや改善したいことを書き出してみるのもおすすめします。

例えば、「部屋が散らかっている」「外食やお惣菜などばかりで栄養の偏りが気になる」「余計なものを購入してしまう」など、人によって改善したいことは変わるでしょう。

例えば部屋の散らかりが気になる場合

・一度物の場所をきちんと決めて使ったら都度戻す癖をつける
・お風呂に入ったらお風呂掃除をしてから出るなどの「ながら掃除」をする
・1日10分だけ掃除の時間を作る

さらに、食事の偏りが気になる場合

・休みの日に常備菜作りにチャレンジしてみる
・お惣菜は一品までOKと決めて、ご飯を炊くのと簡単な汁物、サラダは作るようにする

この様に完璧とはいかなくても、自分が続けられる合格ラインを考えて、少しずつ暮らしの改善を行うといいでしょう。

「掃除しなきゃ」「たまにはご飯作らないと」と思いつつできないというのは、思いのほか自分自身を疲れさせてしまいます。
面倒そうに思えることでも、重い腰を上げて始めてみたら楽しくなることもありますよ。

暮らしを改善することで、「片付いた部屋は散らかった部屋よりリラックスできる」「ご飯を作るのが楽しい」など、喜びも増えるかもしれません。

■シンプルな暮らしでストレスレスへ

暮らしの質を上げるために効率的なのが、暮らしをシンプルにすることです。

部屋を片付けてもあまりきれいに見えないことはありませんか?
それは物を持ち過ぎているのかもしれません。

そんな時は物を処分したり、まだ使えそうなものはリサイクルショップで売るなどして、部屋にある物の数を減らしてみましょう。
ストックをたくさん買い溜める事をやめるのもおすすめです。
物が少なければ散らかってしまうことも無くなりますし、しまう場所がないという事態にもなりません。

また、片付いていることで部屋に何があるのかを把握できるので、無駄な買い物を減らすことができます。
自分で「一年間使っていないものは処分」などルールを決めて、思い切って片付ければ気分もスッキリするでしょう。

散らかった部屋はストレスになってしまいますが、それがきれいに片付いた時には、達成感を得ることができますよ。

■丁寧な仕事で信頼されるビジネスマンに

暮らしの質を上げて心に余裕が持てる様になったら、次は仕事に目を向けます。
「仕事が丁寧なビジネスマン」とはどの様な人を言うのかから理解していきましょう。

まず、仕事が丁寧な人は同僚・上司・部下など、どんな人に対しても気遣いができます。
何かを伝える時も、相手の性格まで考えながら言い方を変えてみたり、仕事を任されれば「なぜ自分が任されたのか」まで考えて、意図を汲み取ろうとします。

とても些細なことに思えますが、会話だけでなく、メールやチャット、書類などの文字でもこのような姿勢でいることで「仕事が丁寧な人」という安心感や信頼感が生まれるのです。

また、「仕事が丁寧」と聞くと、完璧にこなそうとするあまり時間がかかってしまいそうな気がしますが、本当に仕事が丁寧な人は作業がスピーディーな傾向にあるのです。
なぜかというと、抑えておくポイントをよく理解しているため作業間の迷いがないからです。

抑えておくポイントを把握できれば、作業間の判断速度を上げることができるため、書類などのアウトプット作業もクオリティーを落とすことなく仕上げることができます。

全てを完璧にすることと、仕事が丁寧であることは似ているように感じますが全くの別物です。完璧な物を作るために時間をかけていては、時間が足りず合格ラインにすら達することができないこともあるでしょう。

大切なのは決められた時間で、ポイントを抑え合格ラインに達したものにできるかということです。

ポイントを素早く把握するというのは、明日からすぐできるというものではありませんが、「この仕事を行う上で抑えるべきポイントはなんだろう」とまず考えるくせからつけてみましょう。

■先取りして動くとゆとりがもてる

時間にも気持ちにも余裕がないと、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまい、新しいことを始めたり、周りに気を配ることなどできません。

そんな時は「先取り行動」を意識してみましょう。
日常生活でも仕事でも先取りして行動することで時間にゆとりができるので、心にも余裕が生まれるのを感じることができます。

例えば、

・朝活を習慣にし、出社前にメールチェックやスケジュール確認を済ませて、頭を仕事モードに切り替えてから出社する
・仕事はスケジューリングをしっかり行い、先取りしてやっておくことで、周囲にも目を配ることができる余裕を作る
・料理は時短できるように常備菜やカットした野菜を冷凍し、時短した分リラックス時間の確保

など、先取り行動はすぐにでも始められることばかりです。

暮らしや仕事でどんなことを先取りして行えば、時間や気持ちに余裕ができるか考えて試してみましょう。

■まとめ

今回は、暮らしの質を上げ、丁寧で信頼されるビジネスマンになる方法をご紹介しました。

現状で全く余裕がない方は、まず自分の暮らしを振り返り、できる範囲から改善して生活の質を上げましょう。

気持ちに余裕ができたら、仕事や職場の対人関係などに目を向けてみてください。
暮らしでも仕事でも大切なのは完璧にすることではなく、ポイントを抑えて合格ラインに持っていくことだと気付くことができるでしょう。


SHARE
関連記事
ピックアップ