stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

新生活のストレスに。心と体を整える方法6選

新生活のストレスに。心と体を整える方法6選

SHARE

新生活が始まり、ワケもなく疲れたり気分が落ち込んだりして「自分はなんて弱いんだ」と思っていませんか。

大丈夫です、周りの人も同じように悩んでいます。
というのも、春は季節的に心身にストレスを抱えやすい時期なのです。

春の気候はとても気まぐれで、冬の寒さが残る日があれば、上着を羽織ると汗が出そうなほど暖かい日もあります。

気温変化が激しい日々が続くと、人はそれに合わせて代謝や体温を自律神経を働かせて調節します。しかし、無理をしすぎると自律神経は乱れ、心身に支障をきたすのです。
具体的には頭痛や目まい、不安や倦怠感などが症状として挙げられます。

また、新生活にストレスを感じやすい理由の一つに「期待外れな生活への焦燥感」があります。
新しい生活を始める前には、輝かしい希望に満ちた毎日を想像しワクワクするものです。
しかし現実はもっとシビアで、思ったように行かないことが多々あります。
「こんなはずじゃなかった」という気持ちから、ストレスを感じるようになるのです。

■実際にあるストレスの例

新たな住居や職場などの環境の変化があると、それと同時に人間関係も変わらざるを得なくなります。人見知りな人はなおさらですが、人付き合いが得意な人ですら初対面の時には多少のストレスを感じるものです。

新しい人間関係を円滑にするために、歓迎会や親睦会などの交際費の支出が増えるのも、この時期の特徴です。新生活が始まり、ただでさえ家計のやりくりに奮闘し、財布の紐を緩められないこの時期に、そういった支出は大きなストレスとなります。

また、新しい仕事をスタートさせたばかりの人は、まだ慣れることができずに心身共に疲れやすくなりがちです。人間関係もまだ希薄なので、同僚との信頼が築けずにギクシャクしたり、容易に頼みごとができなかったりとモヤモヤする毎日が続いてしまいます。

しかし、大きなストレスを抱えて生活していると、自分から笑顔がなくなっていきますし、そのせいで周りとのコミュニケーションがうまく行かず、悪循環となってしまいます。

そうならないために、溜まったストレスを解消するための方法を「心」と「体」それぞれで見ていきましょう。

■心のストレスの解消法

①「涙活」をする

「涙活」という言葉をご存知でしょうか。これは、敢えて涙をたくさん流すことでストレスを発散するものです。

具体的な方法として、泣ける映画を観たり本を読みながら意識的に涙を流します。
感情を解放して涙を流す行為には、体内の副交感神経が優位に働いており、それはつまりリラックスした状態を作っているということなのです。

また涙活のために映画を観ていると、泣けるだけでなく作品の世界観に入り込めるので、日常から離れることができ、心が浄化されるのを感じることができるはずです。

②モノを捨てる

新生活が始まり、新しい家に引っ越したという人も多いでしょう。そうなるとこの時期に溜まっているのは、ストレスだけではなくダンボールや要らない家具もあるのではないでしょうか。
引っ越しをしていないという人も、新生活が始まったことで使わなくなったモノや不用品が必ずあるはずです。

しかし、忙しさを理由にそれらの片付けを後回しにしてはいませんか。「部屋は心を映す鏡」という言葉があります。ご自身の家の現状はどうでしょうか。荒れていたり、狭くるしいと感じていませんか。
つまり、モノを捨てることはストレス発散になるだけではなく、多くの時間を過ごすはずの「家」が整うことで、心身も整えられていくわけです。

どうやってモノを捨てたら良いか分からないときは「新生活を始める自分にプラスになるモノかどうか」を基準にすると良いです。ぜひやってみてください。

③毎日の日課に贅沢を加える

経済的にも時間的にも大きな余裕はないものの、心のストレスを減らしたいという人に進めたい方法です。毎日必ずしていることを少しだけ贅沢に行うのです。

例えば、朝起きて必ずインスタントコーヒーを飲んでいる人が、珈琲豆を買いに行き、丁寧にドリップして飲んだとします。すると、同じ「コーヒーを飲む」という作業なのに、満足感と幸福感が格段に上がります。

ストレスが多くてなかなか寝付けないという人は、アロマのピローミスト(枕や寝室に使うルームスプレー)がオススメです。

質の良い睡眠は心身のストレスを軽減しリラックスした状態に導いてくれます。このように、普段の生活にちょっとした贅沢を加えることで、ストレスレスな日常を過ごすことができます。

■体のストレス解消法

④周囲を散策する

新生活が始まると、忙しいなどの理由で住環境を熟知できていない人が多くいます。

体のストレスを発散するためにはまず運動が必要です。周囲を散策するという目的で、家の近所をウォーキングしたりランニングしてみてはいかがでしょうか。

「こんなところにスーパーがあったのか」「もっと近いコンビニがここにあった」「雑誌に載っていた有名店を見つけた」など、自分にとって有益な情報を自分の足を使って得られたとき、気持ちが高揚します。
それに加え散策という有酸素運動をすることで、体の溜まったストレスを発散することもできます。

⑤旧友と温泉へ行く

新生活での人間関係疲れに効果的なのが、旧友と会うことです。

緊張しっぱなしの疲れた体を癒すだけでなく溜まったストレスを発散するために、旧友を誘って温泉に出かけてみてはいかがですか。
温泉が難しい場合は、サウナや岩盤浴でもOKです。代謝を良くしてたくさん汗をかき、要らない老廃物とストレスを同時に排出してしまいましょう。

信頼している友人と過ごす時間はとてもリラックスできますし、自然体の自分で居られるはずです。互いの現況を伝え合うことで、また明日から頑張ろう!と気合が入るのではないでしょうか。

⑥筋トレをする

体がストレスを抱えているのに筋トレをする、と聞くと余計にストレスが溜まるように思われますが、実は違います。筋トレをするとストレス耐性が上がると言われており、つまり、筋トレをする人はストレスを感じにくい体質になる、ということなのです。

なぜかというと、筋トレをするとセロトニンという脳内ホルモンが分泌されるからです。セロトニンは不足すると鬱を引き起こしたりしますが、増えると気分を高揚させ、考え方をポジティブにしてくれるため、ストレスを感じにくくなるのです。

また筋トレは、同時にテストステロンという男性ホルモンの分泌を増やします。
男性的な体つきになるだけでなく、意欲的になり自信が湧いてくるホルモンです。

ボディビルダーをみていると、くよくよ落ち込んでいるイメージが湧きませんよね。
これは、常にトレーニングをすることで、しない人よりもストレス耐性の体質になっているからであると言えます。

■この時期のストレスを前向きに乗り越えよう

いかがでしたか。この時期のストレスには多くの人が悩んでいます。

できることから始めて、前向きにストレスを乗り越え、明るくストレスレスな未来を迎えましょう。


SHARE
関連記事
ピックアップ