stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

朝にやっておきたいリラックスストレッチ

朝にやっておきたいリラックスストレッチ

SHARE

「寝起きがなんだかスッキリしない」
「いつまでも眠くてベッドでダラダラしてしまう」

そんな方は、起床後すぐに身体をリラックスさせるストレッチを習慣にしてみてはいかがでしょうか。今回は、朝行うと効果的なリラックスストレッチについて、効果とやり方をご説明します。

まず、朝にリラックスストレッチを行うメリットからみていきましょう。

朝ストレッチを行うとさまざまな効果を得られます。

①身体が目覚める

だるくて起きられないという方はストレッチを続けることで、活動スイッチに切り替わるのを実感できるようになります。

②生活リズムが整えられる

ダラダラと2度寝をするのではなく、眠くても同じ時間に起きてストレッチをすることで、身体が目覚めるだけでなく夜も同じ時間に眠気を感じるようになります。

生活リズムは自律神経の交感神経と副交感神経に影響を及ぼしているため、毎日同じリズムで生活することで自律神経のバランスが整うため、毎日の寝起きが重要となるのです。
また、生活リズムを整えることで身体の生理機能が正しく働き、疲労回復やダイエットにも効果があります。

③全身に血を巡らせて凝りをほぐす

起きたら身体がガチガチになっていることはありませんか?
原因は、寝相や寝具などで血行が悪くなり、身体が凝り固まってしまうことがあるからです。

静的ストレッチでゆっくりと呼吸をしながら無理なく身体を伸ばすと、筋肉に血液が回り身体が温まってくるのを感じられます。
全身が凝りで痛いと1日のパフォーマンスにも影響が出てしまう可能性があるので、寝ている間の凝りは朝のうちに取り、リラックスできる朝を迎えましょう。

④酸素を十分に取り込む

起床時に頭痛を感じることはありませんか?

就寝中の体勢によっては体内に十分な酸素が取り込めていないこともあり、就寝中に酸素が不足してしまうと起床時の頭痛を引き起こす可能性があるのです。

起床時にゆっくりと呼吸をしながらストレッチをすることで、身体に酸素が十分に行き渡り、起床時の頭痛を和らげる効果が期待できます。
ただし、毎日頭痛が起こるようであれば酸素不足が原因でない場合もあるため、医療機関にかかりましょう。

⑤身体のパフォーマンスを底上げ

朝の運動は記憶力や集中力を高める効果があります。
しかし、朝一から筋トレやウォーキング、ランニングはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。

そのような運動の代わりにストレッチを行っても、十分に身体のパフォーマンスを上げることができます。
寝起きに数分のストレッチなら、無理なく続けられそうな気がしませんか?

■朝にリラックスストレッチをする時のポイント

朝ストレッチをする時、覚えておきたいポイントがあります。

①反動をつけずゆっくりと

ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の2種類があることをご存知でしょうか。

静的ストレッチは反動をつけずにゆっくり伸ばしていくストレッチのことで、身体の凝りや運動後の筋肉をほぐす効果があります。
動的ストレッチは弾みや反動を使ったラジオ体操のようなストレッチのことをいい、運動前の怪我予防などで行います。

朝のストレッチは身体をほぐすことが目的なので、静的ストレッチを行います。
反動をつけないようにゆっくりと、無理に伸ばさないように行いましょう。

②「吸う」より「吐く」を意識する

ストレッチを行う時は、呼吸が苦しくならない程度の強度で行ってください。
息をしっかり吐くことを意識しましょう。

③その日の自分の調子を確認

毎日同じストレッチをしていると、いつもは伸ばすと気持ちが良いのに痛みを感じる日もあるでしょう。
ストレッチをしながら伸ばしている部分に意識を向けて、その日の身体の調子を確認してみましょう。

■おすすめリラックスストレッチ ①ベッドの上で伸び

①仰向けの状態、もしくは立った状態で行います。
②両手の指を組み、手のひらを頭上に向けて伸ばします。
③同時に足も下に引っ張られるように伸ばしましょう。
④気持ちが良いと感じ、ゆっくりと呼吸ができるところで止めて30秒伸ばします。
⑤身体を緩めます。

■おすすめリラックスストレッチ ②腰ひねり

①仰向けの状態で両腕を横にまっすぐ伸ばします。
②手のひらを床につけたら右足を90度に曲げて、膝から下が床と並行になるように足を上げます。
③右膝は左手で支えながら左に倒し、顔は右に向けます。この時右肩が浮かないようにしましょう。
④10〜30秒ほど呼吸をしながら腰を伸ばし、反対側も同じ手順で行なってください。

■おすすめリラックスストレッチ ③全身を伸ばす

①仰向けの状態で、腰もしくは背中の部分にストレッチポールを置きます。
②ストレッチポールの上で寝た状態で両手をまっすぐ頭上に伸ばし、ゆっくりと息をしながら30秒キープします。
③気持ち良いと感じるように伸ばし、力を抜くことを繰り返してください。

■おすすめリラックスストレッチ ④身体を丸める

①仰向けに寝た状態になり、両手で両膝を抱え込みます。
②手で膝をしっかりと押さえて、胸に引きつけます。
③その状態を20秒キープし、ゆっくりと戻します。
④3回繰り返して行いましょう。

■まとめ

今回は朝行うと効果的なリラックスストレッチについてご説明しました。
朝のストレッチは体の凝りをほぐすだけでなく、1日のパフォーマンスの向上にも繋がります。

どのストレッチもベッドや布団でできるものばかりですので、目が覚めたらまずストレッチをする習慣をつけてみてください。
スッキリとした目覚めで、リラックスできる朝を迎えましょう。


SHARE
関連記事
ピックアップ