stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

幸せを呼ぶ一点物を

幸せを呼ぶ一点物を

SHARE

あなたが所有しているものの中に、「一点物」はありますか。

生活用品やファッションにおいて、手離せないくらい気に入っているものがある生活はとても幸せです。さらにそれが一点物ならば、なおさらテンションが上がりますよね。
一点物とは、それ一つだけで同じではない品物のことを指します。

例えば、オーダーメイドのスーツ。自分の体型にフィットしたサイズと抜群な着心地のこの服が、世界に一つしかないオリジナルであるという事実だけで、高揚感に浸ってしまいそうです。一点物を持つということは、「私だけが所有している、使用権を握っている」ということから自分への自信につながり、行動をポジティブにしてくれます。

今回は、様々なジャンルから、これから持つべき一点物として、是非オススメしたいものをご紹介していきます。

■住まいにおける一点物

住居の一点物といえば、オーダー家具ではないでしょうか。

ダイニングテーブルやソファーなど、既製品でも充分にオシャレで使いやすいものは沢山あります。しかし、家族構成や空間の広さを重要視した場合、みんなが毎日使う家具だからこそ、もっと便利で快適なものをオーダーして作りたいという考え方は、家族みんなにとっての一点物であり、きっとその家に幸せをもたらすはずです。

例えば、既製品のダイニングチェアは、当たり前ですがサイズも高さも全て同じ。身長や年齢がバラバラの家族であれば、オーダーしてそれぞれのサイズに合った「一点椅子」を作ることで、食事や勉強がさらに楽しめるのではないでしょうか。

ここでもう一つ、オーダー家具でオススメしたいのが「棚」です。
シンデレラフィットという言葉をご存知でしょうか。シンデレラがガラスの靴を履いてピッタリだったように、棚や引き出しの中に隙間を作ることなくピッタリと収納することをそう呼びます。
住まいにおいては、空間の中で出来るだけ物がない方が美しく感じますし、物が整然と並んでいるさまは清潔で綺麗な印象を与えます。自分の持ち物をピッタリと収納できる「一点棚」を作ることで、毎日出し入れする物の片付けにストレスを感じず、美しい状態を眺めるだけで幸せな気分になれそうです。

■食における一点物

誰でも必ず食事をします。
一回の「食」を適当に済ますのか、あるいはこだわりを持って準備をするのかという差で、人が感じる幸福度は随分と変わります。料理が好きな人であれば、一点物の鍋を手に入れてみてはいかがでしょうか。

オススメなのは鉄鍋です。チャーハンや餃子など、強い火力を要する中華料理が好きな人なら、一点物ならぬ「一点鉄フライパン」は、間違いなく料理の腕をあげてくれます。鉄は火の通りが抜群に良く、高温が続いても耐久性があります。
調理することで微量ですが鉄分を摂取することができるため、貧血を気にする女性や小さい子どもがいる家庭に人気です。フッ素加工のものと違い、傷つきやすく錆びやすいのですが、一点物を大切にするという気持ちで臨めば、メンテナンスを丁寧に行う時間が、むしろ楽しみに変わるかもしれません。

また、毎日の晩酌を欠かさない人には是非、一点物の酒器を使って頂きたいです。ビールグラスや焼酎グラス、ぐい呑みという言葉があるように、お酒の種類に合わせた器を使うことで、晩酌をより一層美味しく愉しむことができます。
ここでご紹介したいのは、純度100%の錫(すず)で作られた酒器です。
錫には抗菌効果があり、その器に注がれた飲み物はまろやかになると言われています。辛口の日本酒やウイスキーなどを飲むと、喉越しが柔らかくなり美味しさがより引き立ちます。

■センスの一点物

「センスが良いな」と思う人の家には、アート作品が飾られていることが多いです。
彼らは芸術作品を身近に置くことが、自らのセンスを向上させると知っているのです。

絵画には、その空間を一気に上質なものに変えてしまう力があります。世界に一つしかない芸術作品を手に入れたいと思ったら、それを購入するのは難しくありません。インターネットで絵画通販サイトを覗けば、いつでも誰でも探すことができます。

しかし、有名な作品を飾ることだけが決してアートではありません。現代では、あらゆる芸術作家が自らのSNSを通して作品を発信しています。その中から自分が心惹かれるものを発掘して、身近に触れるというのも素敵ではないでしょうか。

さらに、センスが光る一点物として「香り」はいかがでしょう。
オリジナルで調香した香水だけでなく、最近では化粧品やディフューザー、リネンスプレーなど、自分が癒される香りをブレンドして、生活の一部に取り入れる人が増えています。好きな香りが五感を刺激すると、心から癒されますよね。
また、朝起きてこれから活動するときや、深く眠るためにリラックスしたいときなど、一日の中でもいくつかのオリジナルの香りを作って使い分けると、より一層幸せな気持ちになれそうです。

■自分で一点物を作っていく

最後は、一点物を買うのではなく自分で作っていくという話です。

使うほどに自分仕様になっていく物の代表として、革製品が挙げられます。
革は、使い方によって風合いが変わっていきますが、それを劣化と捉えずエイジングという呼び方をします。このエイジングの過程を楽しみつつ、大切に手入れをしながら使っていくことで、他にはない色とツヤが出て、オリジナルの一点物と化していくのです。

また革製品同様に、使い続けることで自分に馴染み、好みの風合いになっていくのがデニムです。
ビンテージデニムは、ときに芸術品として高額の値がつけられるほどであり、履き方や歩き方、ポケットの使い方などで形や色がどんどん変化していきます。長年に渡って履き馴らしたデニムは、自分の歴史を刻んだまさに一点物であり、新品のパンツでは得ることのできない履き心地を感じ、幸せを噛みしめることができます。

■まとめ

ここまで、あらゆるジャンルの「一点物」についてご紹介してきました。

世界に一つだけの物に触れることで、心が癒され、毎日の暮らしがもっと豊かになります。今回ご紹介したものを参考にしていただき、幸せを呼ぶ素敵な一点物が見つかることを願います。

SHARE
関連記事
ピックアップ