stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

適度なストレスを味方に。やる気を生み出すストレスとの付き合い方

適度なストレスを味方に。やる気を生み出すストレスとの付き合い方

SHARE

ストレスと聞くと「身体に良くないもの」というイメージを持つ人が多いでしょう。

では、ストレスは私たちにとってなくてはならないものでもあるということはご存知でしょうか。

健康心理学者のケリー・マクゴニガルは「ストレスについての考え方を変えれば、より健康的で幸福な人生を送ることができる」と言っています。
ストレスは受け取り方次第でさまざまなことが好転する可能性があるのです。

メンタル面で不調を感じやすい人は「ストレスを発散しなくては」と感じると思います。
しかし全てのストレスが必ずしも無くさなければいけないものではなく、メンタル面での成長にも役立つ味方となる場合もあることを覚えておきましょう。

大切なのは「ストレスは自分が成長するために必要なもの」という認識を持つことです。
慢性的で過度なストレスは体調不良に繋がってしまう可能性もありますが、適度なストレスはうまく付き合いより良い生活を送れるようにしましょう。

今回は、
・適度なストレスとはどのようなものか
・やる気を生み出すストレスとの付き合い方
をご説明します。

■適度なストレスとは?

学生時代、試験直前になると試験勉強に集中できた、なんて経験はありませんか?

また社会人になっても、間に合わないかもしれないと思っていた仕事に対し集中して作業ができ、きっちり終わらせることができたり、どうしても定時退社したい日などにいつもより仕事がはかどるということもあるでしょう。

これはただ「集中しようとしたからできた」のではなく、「適度なストレスがパフォーマンスを上げた」結果なのです。
ストレスレベルは低すぎても集中力が下がり、パフォーマンスも低下しますが、高すぎても同様です。

しかしストレスも適度であれば集中力を高めて良い結果を生み出すことができます。
上記で挙げた例は、ストレスレベルが適度であり、勉強や仕事が捗る状態を作ることができているのです。

では、ストレスレベルが低すぎる場合はどのように適度なストレスを自分に与えることができるのでしょうか。
ストレスレベルが低い場合、勉強する意味が見出せない、仕事内容に興味が湧かないなどの理由からやる気が起きない場合が多いのではないでしょうか。

このような場合は達成後に自分へのご褒美を設定するなどしてモチベーションを上げることで、目標や動機というきっかけ作りをしてみましょう。
ストレスレベルが高いと感じる場合はストレスマネジメントを行い、ストレスに対処しましょう。

人によってストレス対処法は変わりますので、運動やマインドフルネス瞑想、涙活や笑活など自分に合った発散方法を見つけましょう。

■人がストレスを感じるのはどんな時?

そもそもストレスはどのような時に感じるのでしょうか。

「ストレスを1番感じる時」は以下のようなシチュエーションである人が多いようです。

・自分が思った通りにいかない
・叱られる、注意される
・ミスをする
・自分ではわからないこと、または苦手なことを頼まれる

このようなストレスは、「確かに自分もストレスになるな」と共感できる人も多いでしょう。

しかし、上記のようなストレス以外にも

・怒りや悲しみ、喜びや不安などの心理的要因
・気温や湿度や騒音などの物理的要因
・就職や転職や昇格、恋愛や結婚や出産などの社会的要因
・病気や過労、睡眠不足などの身体的要因

など、さまざまなことで私たちは日々ストレスを感じています。
中には昇格や結婚など自分にプラスになるようなものもありますが、日々の生活の中で生じる刺激や変化がストレスの原因となるからです。

人から期待されることも、家族を食べさせていくために仕事を頑張らなくてはと感じることも多かれ少なかれストレスとなります。

そのストレスが自分の成長に繋がるものだと考えると、やる気が出てくる気がしませんか?
ストレスもなく誰からも期待されていない状態は「刺激」や「変化」がなく、毎日にメリハリがなくなり孤独や無気力感を感じるようになるでしょう。

このことから、適度なストレスが人に活力を与えてくれるものだということがわかります。

■適度なストレスがやる気を生み出す

適度なストレスは心が目覚めた状態になります。

例えば、期待されて大役を任された時、「はたして自分にできるのか」とプレッシャーを感じながらも、期待されたことが嬉しく仕事に対して充実感を得ることがあります。
プレッシャーを感じる半面、ストレス効果で心にポジティブな影響をもたらしているからです。

この例のようにストレスはやる気へと繋がるさまざまな心の状態を発現させます。

他にも、高揚感・満足感・達成感・意欲向上など、メンタル面で非常にプラスになる感情を生み出し、意欲の向上に繋がるのです。

■適度なストレスは乗り越える事でモチベーションを上げることができる

人前での発表やスポーツなどでの大会前などに適度なストレスを感じた時、脳は処理速度を高め、集中力や注意力、覚醒度も向上します。

このような短期的なストレスでより良い結果を得られた時、ドーパミンが分泌されて脳が快感を得るのですが、脳はさらに快感を得ようと、次の行動へのモチベーションを高めるため、さらに上の目標に向けて挑戦する意欲に繋がるのです。

このことをドーパミンの強化学習と呼びます。

■慢性的で過度なストレスは解消する

適度なストレスを感じる事は生きていく上で大切なことですが、慢性的に強いストレスを感じているのは体調不良などにも繋がります。

慢性的なストレスがある場合は自分に合ったストレス解消方法を見つけて、リラックスできる時間を作りましょう。

ストレス解消に効果的な方法は以下のようなものがあります。

・大きな声を出す
カラオケなどで大きな声を出す
・涙活
自分が泣ける映画・本・曲などで、すっきりするまで泣く
涙活セミナーに通ってみる
・笑活
お笑いや漫画などでたくさん笑う
・運動をする
ウォーキングや筋トレなどで身体を動かす
・寝る
すっきりするまで眠って身体をリラックスさせる
・入浴
自分が好きな香りの入浴剤を使ったり、音楽を聴いてリラックスしながらゆっくり湯船につかる
・気心の知れた友人と会う
なんでも話せる友人に話を聞いてもらう

ストレスの解消は人によって合うものが違うので、ストレス解消法がわからない場合はいろいろ試してみましょう。

■まとめ

適度なストレスは向き合い方によって自分の味方になるものです。

「ちょっとストレスを感じるな…」「プレッシャーだな」と思った時に、自分が成長できる機会なんだということを思い出し、ポジティブに考える癖をつけてみましょう。

ちょっとストレスが溜まりすぎたかな…と感じた時は、自分がリラックスできる方法でストレス解消をしてください。
適度なストレスも意識すれば、どの程度であれば自分のやる気が出るのかも掴めてきますよ。

SHARE
関連記事
ピックアップ