stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

心が疲れた時に思い出したい癒しの名言集

心が疲れた時に思い出したい癒しの名言集

SHARE

体が疲れていない時でも、人付き合いや仕事などで悩み、心がぐったりと疲れてしまうことはありませんか?
身体が疲れている時はゆっくりと休めばいいけれど、心の疲れは休んでもなかなか取れるものではありません。

心が疲れた時は部屋でリラックスしながら名言を読むことがおすすめです。
リラックスできる時間もない!という方は、名言をメモしておき辛い時に読み返したり思い出したりすれば大丈夫です。

「名言をただ読むだけで癒されるの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、辛い時に少しきついことを言われてひどく落ち込んだり、逆に辛い気持ちに寄り添う言葉をかけて貰えるととても元気が出たりしませんか?
心が弱っている時は、その分言葉が心に染み込んでいきやすいものなのです。

名言とは、「確かにそうだ!と思わせる力のある優れた言葉」を言います。
また、人間の心理や本質を捉えた言葉でもあり、個人や偉人が残した名言は長い間多くの人の心を揺さぶってきた言葉ばかりで、その人の価値観や考え方を大きく変える可能性があります。

そこで、今回は心が疲れた時に思い出したい癒しの名言を5つご紹介します。

■「速度を上げるばかりが、人生ではない」マハトマ・ガンジー

インド独立の父であるマハトマ・ガンジーはインド民衆に非暴力・非不服従を提唱し、イギリスの植民地支配への抵抗に影響を与えたことで有名です。
この名言は、仕事でもなんでも邁進するタイプの方にはとても響く言葉ではないでしょうか。
脇目もふらず突き進むことが大切な時もあるかもしれません。
しかし突き進むことだけを考えていると、自分自身が心身の疲れに気付けなくなってしまいます。
たまにはゆっくりとリラックスする時間を作り、休んでもいいんだと思い出させてくれる名言です。

■「雲の向こうは、いつも青空」ルイーザ・メイ・オルコット

ルイーザ・メイ・オルコットは「若草物語」の作者です。
この名言は、地上がどんよりとした曇り空でも、ザーザーと雨が降っていても、雲よりもさらに上の空は太陽が輝く青空であることを表しています。
辛いことが重なって、心の中が曇り空のようにどんよりと落ち込んでしまっても、いつかその雲は晴れて心にも太陽の光が差し込み青空になることを思い出しましょう。

■「追い求める勇気があれば、すべての夢はかなう」ウォルト・ディズニー

ウォルト・ディズニー・カンパニーの創始者であり、ミッキー マウスの生みの親でもあるウォルト・ディズニーは多くの名言を残していることでも有名です。
実はディズニーは全世界の人に知られるまでに、裏切りや財政難など多くの困難にぶつかりました。
それでもディズニーは子供の頃からの夢への情熱は消えることがなく、夢に向かって突き進み続けました。
ディズニーの名言は夢を持つ人には特に心に響くものばかりなのは、ディズニーの経験や気持ちが込められているからなのですね。

夢を追っていると、時には失敗してしまうこともあるかもしれません。
しかし、その時に挫折してしまうのではなく、諦めず追い求める勇気を持つことが大切だと気付かせてくれる名言です。

■「失敗は回り道 行き止まりの道ではない」ジグ・ジグラー

「ジグ・ジグラーのポジティブ思考」などの数々のベストセラーを生み出し、「全米ナンバーワンのセールスモティベーター」と称されるジグ・ジグラーは、世界中を飛び回り公演活動を行い、サッチャー元首相をはじめに、ハリウッド俳優や有名なスポーツ選手など多くの人がジグ・ジグラーの成功哲学に影響を受けたと言われています。

ジグラーは5歳の時に父親を亡くし、小学校五年生の時から働き始めました。
精力的に仕事に取り組み、その努力が実り30代半ばでセールスマンとして訪問販売の全米トップになりました。
調理器具から保険までさまざまなジャンルで全米トップの成績を出し、その功績が評価されて講演家や作家としても活躍するようになったのです。
ジグラーは誰でも成功できると考え、どんな成功でも自分で自己イメージを変えることで、どんな未来でも実現できると考えていました。
夢に向かって進んでいる時だけでなく、仕事などでもうまくいかなかった時にそこで諦めてしまえば、そこで終わりになってしまいますが、「その失敗は成功には必要な体験だった」と考えることもできますよね。
もしも壁にぶつかって諦めそうになった時にはこの名言を思い出し、成功するための過程だと考えてみましょう。

■「幸せかどうかは、自分次第である」アリストテレス

古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスは、プラトンとソクラテスと共に「西洋最大の哲学者」のひとりとされています。

この名言は、「幸せかを決めるのは自分自身」という意味ですね。

幸せの基準は地位・名声・お金・健康・恋愛など人によってさまざまです。
好きな人と結婚できても、お金がなければ生活が苦しくて辛くなるかもしれません。
お金がたくさんあっても、健康でなければ使うこともできませんよね。
人それぞれ、その時の環境や状況により幸せの基準は変化していきます。
そんな中で幸せでいることができる人は、当たり前のいつもの日常の中で小さな幸せを見いだせる人なのではないでしょうか。

朝がスッキリ起きられた
ご飯が美味しい
今日は天気が良くて気持ちがいい
テレビが楽しかった
帰ると家族がいる
大切な人がいる
元気に仕事ができる
休みの日にゆっくり寝られた

など、普段自分ではなんとも思わないようなことでも、それが叶わない人もいます。
そういった小さな日常的なことを幸せだと感じられるかは自分次第なのです。
自分は不幸だと思う前に、小さな当たり前だと思っていた日々の幸せを考えてみましょう。

■まとめ

今回は、心が疲れた時に思い出したい癒しの名言をご紹介しました。
心に疲れを感じた時には、リラックスしながらご紹介した名言を思い出してみてください。
きっと名言が持つパワーから元気がもらえます。
名言はただ読むだけではなく、その名言にはどんなメッセージが込められているのかもゆっくり考えてみましょう。
自分が一番しっくりとくる名言を探してみるのもおすすめですよ。

SHARE
関連記事
ピックアップ