stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

大切なのは色の割合!テーマごとのリビングのカラーコーディネート案

大切なのは色の割合!テーマごとのリビングのカラーコーディネート案

SHARE

自分好みのリラックスできる部屋にするために、「模様替えをしよう!」と思いついたはいいけれど、どこから手をつけていいかわからない…なんてことはありませんか?
部屋の雰囲気を変えておしゃれに、リラックスできる空間に仕上げるのであれば、テーマを決めてカラーコーディネート をするのがおすすめです。

カラーコーディネートは、簡単なルールを守ることでぐっとおしゃれに見えるリビングにすることが可能です。
部屋をカラーコーディネート する時は、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーに分けて考えます。

(1)ベースカラー

基礎となるカラーで、天井・壁・床の色で全体の70%程度を目安とします。

(2)アソートカラー

家具・カーテン・ラグなどの色で、全体の25%程度を目安とします。

(3)アクセントカラー

植物やクッションなどの小物に使用する色で、全体の5%程度を目安とします。

リビングをカラーコーディネート する時は、目指すテイストを決めておき、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの比率を守りながら部屋作りを進めていくと、失敗しにくくきっと満足できるリビングに仕上がります。
自宅の中でも過ごす時間が長いリビングを、自分が好きな色やテイストに囲まれたリラックス空間に変えてみましょう。

今回はリビングのカラーコーディネート案をテーマに分けてご説明します。

◾︎シンプルモダン

洗練された雰囲気が演出できるのがシンプルモダンです。
シンプルモダンはホワイトを基調にしてコーディネートしていきます。

無駄を省き、機能的かつすっきりとした空間を目指しましょう。
ベースカラーに合わせる色はブラック・グレー・ブラウンなどを使用します。
モノトーンを意識するとまとめやすいかもしれません。

ベースカラーはホワイト、アソートカラーは淡いグレーやブラウン、アクセントカラーはブラックといったようなイメージです。
インテリアは角ばった直線的なものを選ぶとシャープな印象になります。

◾︎クラシックモダン

輸入家具が好きな方や、重厚感のあるインテリアが好みの方におすすめなのがクラシックモダンです。
落ち着いた色合いと格調高いインテリアを使ったスタイルで、大人のくつろぎ空間を演出できます。

ベースカラーはホワイトやベージュやライトグレー、アソートカラーやアクセントカラーにはベースカラーと被らない色を選びホワイトやブラック、ブラウンやグレーを使用しましょう。
スモーキーな色合いであれば、ブルー、グリーンなど色味のあるものをポイントカラーでプラスするのもいいでしょう。

また、ソファなどはロココ調のものなどアンティーク感のあるものを選ぶとモダンな雰囲気がアップします。
柄物を取り入れるのであれば、ダマスク柄・アラベスク柄・モロッカン柄をチョイスすると、いいアクセントになりますよ。

◾︎北欧風ナチュラル

人気が高い北欧風はナチュラル感が好きな方や、赤ちゃんがいる家庭におすすめです。

赤ちゃんのベッドやおもちゃを木製のものや淡い色味のもので揃えるなどすれば、育児用品を含めてリビングをコーディネートできます。

ベースカラーはホワイトやライトグレーなどの薄い色を意識し、床がダークブラウンなど濃い色の場合は、ラグなどで床の色が見える面積を減らしましょう。
北欧風ナチュラルを目指すのであれば、全体を薄い色味でまとめるようにし、そこに木製の家具をプラスすることで北欧感を出すことができます。
家具は北欧家具、柄物を使用するなら北欧のテキスタイル(自然をモチーフにした柄や幾何学模様のパターン)のものを選びましょう。
テキスタイルを取り入れると北欧らしい温かみがプラスされ、ほっとリラックスできる空間に仕上がります。


◾︎インダストリアル

インダストリアルとは「工業的」という意味で、無骨感やヴィンテージ感のあるコーディネートです。
男性なら一度は「こんな部屋にしてみたい!」と考えたことがあるのではないでしょうか。
壁は木材を使用するか、ヴィンテージ感のある木目やレンガの壁紙がよく合います。
壁の色味は薄い色でも濃いめの色でも大丈夫ですが、家具とのバランスで考えましょう。
インダストリアルの家具の基本はアイアンやスチールの脚を使った木材のテーブルや椅子、ヴィンテージ感のある革張りのソファーなどです。
木材はナチュラルブラウンよりもマホガニーやオーク、ウォルナットなど濃いめの色味がよく合い、質感は光沢のない木目がはっきりしたものを選ぶのがおすすめです。

最近では手軽にユーズド感やヴィンテージ感を出すことができる塗料なども売られていますので、今ある家具をペイントしてヴィンテージ感を出すなど、工夫次第でインダストリアルな雰囲気を出すことができます。
インダストリアルでまとめたリビングには観葉植物が非常にマッチし、ダークで落ち着いたインテリアとグリーンのリビングは、気分も落ち着きリラックスできる空間になります。

◾︎スチームパンク

スチームパンクは映画の天空の城ラピュタやシャーロックホームズの世界観が好きな方ならワクワクするような、レトロなのにSFっぽくもある男性の遊び心をくすぐるような部屋です。
壁紙をレンガ柄や鉄板風の柄にするなど、無機質でまとめていきます。

家具は重厚感のあるダーク色のアンティーク家具を選びましょう。
エジソン電球や歯車などのアイテムを取り入れ、パイプや配管、レトロな地図などを飾るのもおすすめです。
配管を組み合わせ、ちょっとしたインテリアをDIYで自作するのも楽しく、部屋作りを趣味にすることもできます。

◾︎まとめ

今回は5つのテーマに分けてカラーコーディネート案と家具の合わせ方をご説明しました。
リビングのカラーコーディネートはルール通りベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの7:2.5:0.5を意識して、自分が作りたい部屋はどんな部屋かテーマを決めてから始めることが大切です。

家族でのんびりリラックスできるリビングや、自分が作り上げていく世界観のあるリビングなど、ぜひこの記事を参考にして部屋作りをしてみてくださいね。

SHARE
関連記事
ピックアップ