stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

クリーンな印象がストレスレスの鍵!リビング収納のアイデア

クリーンな印象がストレスレスの鍵!リビング収納のアイデア

SHARE

家にいる時、大半の時間を過ごす場所はリビングではないでしょうか。
しかし、日常を過ごしているが故に、散らかりやすく、いつのまにかリラックスできない空間へと変わってしまうことも少なくありません。

片付けや整理整頓を頻繁にできれば、常に快適なリビング空間を保つことができるでしょう。
しかし、忙しい人からすれば、それは難しい話です。

今回は、クリーンな印象を保ちつつリラックスできるようなリビングにするための、収納アイデアをご紹介したいと思います。

■壁と同化させて部屋全体をスッキリ見せる収納

部屋をクリーンに見せるための方法の一つは、「物がない空間をつくる」ということです。
しかし、飲食や読書に映画鑑賞など、様々なことをするリビングに、物を置かないなんて不便ですし、不可能です。

あくまでリラックスできるスペースであるということを前提にして、リビングをスッキリと見せるためには「隠す収納」が最も簡単です。

自宅のリビングの壁と同じ色の、タンスや収納ボックスを複数個用意します。
それを壁に並列に設置します。
こうすることで、色が同化して、圧迫感や違和感をおぼえることなく、スッキリした空間になります。

普段使うものも、収納の中に隠してしまえば、ごちゃごちゃしていた空間があっという間にスッキリします。生活感のないリビングだと、常にリラックスした時間を過ごせそうです。

■たくさん置いてお洒落を演出するカゴ収納

物持ちが良い人や、物をなかなか捨てられない人は、少ない収納スペースだけではまかなえないかもしれません。
そういう時にオススメなのが、カゴ収納です。

カゴは、素材や色味を同じにすると、形や大きさが違っていても、不思議と統一感を生まれてくる、優れたアイテムです。
持ち物の大小や、使用頻度などで分別し、それぞれのカゴに入れてまとめると、たとえ大小サイズが異なるカゴが、空間の中でランダムに置かれていたとしても、お洒落な感じに見えるのです。
ただし、カゴの中が見えると粗雑なかんじになってしまうので、できる限りフタ付きにして、先述した「隠す収納」を実践した方が、よりスッキリとしたリビングになるので、気持ちもリラックスできます。

■上方収納で目線の範囲をスッキリ空間に

リビングが狭く、これ以上収納家具を置きたくないという人も多いと思います。
そういった場合には、上方収納がオススメです。

「狭い上に、荷物が多くて困っている」という人のリビングでも、目線より上の空間はガラッと空いているのではないでしょうか。
その空間を利用して、収納スペースとして活用することで、目線より下の空間が、余裕を持った広々としたものへと変わることができます。

普段使わないものや、読んでしまった本や雑誌などは、上方に収納します。
季節用品で今は使わないものなども、オススメです。
上方収納で空間を分けることで、床には観葉植物を置くなど、よりリラックスしたリビングを演出することができます。


■誰の家にもあるデッドスペースを活用して収納棚に

賃貸物件に住んでいると、構造上の理由でデッドスペースができがちです。
「ここに柱があるせいで、不必要な空間ができているけれど、何に使って良いかわからない」といった、中途半端な広さのスペース。
そういった場所を、収納に変えてみましょう。

突っ張りタイプの棚を設置すれば、賃貸物件でも簡単に収納スペースを作ることができます。

絵やディフューザーなどの、インテリア雑貨を飾れば、より一層リラックスできそうなリビングになりそうです。

■パーテーション で収納を隠して部屋をスッキリと

リビングにある程度広さがある場合は、パーテーションを活用して、収納スペースとリラックスする場所を、分けてみてはいかがでしょうか。

パーテーションの良いところは、同じ場所なのに、相反する雰囲気の空間を作ることが可能なことです。
なかなか片付けることが苦手な人は、リビングに物を溜めがちです。
同じリビングのなかで、収納部屋を確保できれば、娯楽を愉しむリラックススペースが、散らかっていくのを防ぐことができると思います。

■部屋の乱れは心の乱れ。素敵なリビングで体も心もリラックス

いかがでしたか。リビングにきちんとした収納スペースがあれば、使用後もすぐにしまうことができ、常にスッキリとした空間で過ごすことができます。

人は、ストレスが溜まったり気持ちが乱れている時、比例するように部屋が乱れるそうです。逆に言えば、家の中が綺麗に保たれ、スッキリとしていれば、気持ちもスッキリしていつもリラックスした状態で居られる、ということなのではないでしょうか。

忙しい人こそ、帰宅後のリビングで癒されながら、リラックスして過ごしてほしいものです。

SHARE
関連記事
ピックアップ