stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

自宅をリラックス空間にするアイディア

自宅をリラックス空間にするアイディア

SHARE

あなたの自宅は心地よくリラックスできる空間ですか?なかなか疲れが取れないという場合、部屋が心身ともに休められる空間ではなくなってしまっているのかもしれません。
ちょっとした工夫やアイテムを取り入れれば、自宅をリラックス効果のある空間へと変えることができます。
今回は、自宅でもっとゆったりと過ごしたいという方のために、リラックス効果のあるアイテムをご紹介します。

のんびりとした時間を演出してくれるもの、睡眠の質を上げてくれるもの、趣味として取り入れられるものなど、ご自身に合ったものを見つけてみてください。

(1)キャンドルライト

キャンドルの灯りは、見ていると心が落ち着くような気がしませんか?
実は、キャンドルの灯りは脳や身体の緊張を和らげ、イライラを抑えてくれる効果があることが科学的にも証明されているのです。

海外では照明をインテリアと捉え、間接照明を上手に使い落ち着く空間を演出していますが、
日本では、照明を部屋を明るくするためものと捉えており、昼白色と呼ばれる青みがかった白色の照明を使用することが一般的です。
しかし、オフィスや学校などでも使用されている昼白色は強い光で脳を活性化させる効果があるため、明るすぎてリラックスとは程遠い空間になってしまうのです。

キャンドルライトは、本物のキャンドルと違い火を使わないので火事の心配がなく、自宅で気軽に使用可能。アロマの香りがするものや、本物のように炎部分が揺らぐもの、全体が本物の蝋でできているものなどさまざまな種類があり、好みに合わせて選ぶこともできます。

寝る前やゆったりと過ごしたいときに、電気を消してキャンドルライトを灯せば、1日の緊張や疲れをほぐしてくれますよ。

(2)ピローミスト

ピローミストは安眠効果が期待できるフレグランスですが、ルームフレグランスとして使用すれば、部屋をリラックスできる香りにすることが可能です。フレグランスと聞くと女性向けかと思われるかもしれませんが、最近では男性からの人気も高まってきています。

ピローミストは1,000〜4,000円程度と手を出しやすい価格なので取り入れやすく、さまざまな香りがあるので好みの香りを選ぶことができます。また、容器のデザインがおしゃれなものが多く、お部屋にそのまま飾っても違和感がありません。

寝具に使用したり、クッションなど部屋のものに使用するなど、目的に合わせて使用方法を変ることができます。

特に効果のある香りはイランイランやローズウッド、ラベンダーなどフローラル系と呼ばれる香りですが、香りは好みがはっきり分かれますので自分の好きな香りを使用しましょう。

(3)アクアリウム

大人の趣味として人気が高まってきているアクアリウム。目で見て楽しむアクアリウムは、いつまでも眺めていられそうな気持ちになります。

アクアリウムのリラックス効果は科学的にも証明されており、アクアリウムを眺めることでθ(シータ)波と呼ばれる脳波が出ます。
θ波は朝のぼんやりしている時や、まどろんでいる時など、強いリラックス状態の時に出ている脳波で、θ波が出ることによりリラックスした状態を作り出すことができます。

アクアリウムはお金がかかりそうなイメージがあるかと思います。
たしかにインテリアレベルのアクアリウムは、水槽や専用機器や小物、そして泳がせる魚を購入する必要があるためランニングコストで10万円ほどは見ておく必要があり、毎月の餌代や消耗品の定期的な交換も必要になります。

しかしそれ以上に部屋を美しく見せることができ、なおかつリラックス効果も期待できますので、アクアリウムを新しい趣味として手入れを続けられる方にはとてもおすすめです。

大きな水槽が置けない方や、あまり手間やお金がかけられないという方には、水草アクアリウムという水草を育てるコンパクトなアクアリウムや、卓上水族館というフェイククラゲが泳ぎ、掃除不要で場所を取らないアクアリウムがおすすめです。

(4)観葉植物

観葉植物にリラックス効果があることをご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし観葉植物植物を部屋に置くメリットは、リラックス効果だけではないのです。

観葉植物は空気をきれいにするだけでなく、さらにホルムアルデヒドやアセトンなどのシックハウス症候群の原因となる、空気中の有害物質を吸収する力があると、1984年にNASAが発表しています。
すべての観葉植物からマイナスイオンが発生することもわかっており、マイナスイオンは血圧を下げ心拍数を安定させ、リラックス効果をもたらし、心身ともに良い働きをします。

また、観葉植物を眺めることで視覚疲労の解消に役立ち、葉からクリーンな水分を放散して快適な湿度に調整してくれるので、ドライアイの軽減効果も期待できます。

観葉植物初心者には、パキラやインドゴムノキやカポック、ポトスなどが育てやすいのでおすすめです。

部屋の環境を整えて心も身体もリラックスさせてくれる観葉植物は、部屋もおしゃれに見せてくれてメリットが非常に多いので、まずはひとつ置いてみてはいかがでしょうか。

(5)ハンモック・ハンギングチェア

ハンモックは優しい揺れがゆったりとした時間を演出してくれ、布に包まれるような感覚で気分が落ち着きます。
さらに、浮遊感によって筋肉の緊張をほぐすことができ、心身ともにリラックス効果を感じることができるアイテムです。
椅子を吊り下げたハンギングチェアはハンモックとは違い布に包まれる感覚はありませんが、揺れにより身体をリラックスさせることが可能で、ハンモックほどは場所を取りません。

賃貸に住んでいたり、ハンモックやハンギングチェアを吊り下げる場所がないという家は多いと思いますが、最近では天井から直接吊り下げるのではなく、脚がついてる自立式のものが多く販売されています。
自立式ハンモックは7,000円程から、ハンギングチェアは3万円程から購入可能です。

ハンモックやハンギングチェアを部屋に置き、非日常感を感じながらゆったりと読書をしたり音楽を聴いたり、リラックスできる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回ご紹介したアイテムはリラックス効果が期待できるものばかりで、ピローミストを吹きかけたハンモックでくつろぐなど、組み合わせて取り入れるのもおすすめです。

1日の疲れやストレスは溜め込まないためにも、その日のうちに解消しておくことが大切ですが、そのためには自宅をリラックスできるように工夫することが必要です。
最近疲れが取れないな…と思っている方は、ぜひこの記事を参考にして心地よい自宅ライフを始めてみてください。

SHARE
関連記事
ピックアップ