stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

ストレス診断、あなたは何個当てはまる?~セルフチェックとおすすめのストレス解消法~

ストレス診断、あなたは何個当てはまる?~セルフチェックとおすすめのストレス解消法~

SHARE

職場の人間関係やプライベートの悩み事、現代人はストレスを感じずに生きていくことはもはやとても難しいかもしれません。あなたが知らず知らずのうちに、無意識に蓄積されたストレスのせいで、心に余裕がなくなってしまったり、意図せず物にあたってしまったり、ふいに誰かにきつい言葉をぶつけてしまったり、ネガティブな思考で頭がいっぱいになってしまったり…。気が付くと、心を落ち着けてコントロールできず、気だるさや疲れを感じる生活を送ってしまいがちではないでしょうか?

今回は、誰でもかんたんにできる「ストレス診断」と、効果的なストレス解消法を8個お届けします。ストレスフリーな生活を送るためには、こまめにセルフチェックを行って自分の状態をしっかり把握すること、適宜ストレスを発散することが大切だと言われます。なんだか最近身体と心が疲れているかもしれない…なんて思っている方は、疲れ具合を知るためにも、ぜひストレス診断を試してみてくださいね。

あなたはいくつ当てはまる? ストレス診断!

今から、20個の質問をします。あなたはいくつ当てはまりますか? 当てはまる数(はい、そうだと思う)がいくつあるのか、数えてみてください。

<ストレス診断>

1. 寝つきが悪く、日中脱力感を感じることがよくある。
2. 朝、すっきりと起きられない。
3. 1日に10時間以上、パソコンやスマートフォンを使い目が疲れ気味だ。
4. 病気や風邪になりやすく、治りにくい。
5. 人より早く疲れてしまう。
6. やらなければならない仕事や勉強が、なかなか手をつけられない。
7. やるべき事はたくさんあるのに、なまけてしまうことがある。
8. 集中力が持続しない。
9. 結果が悪いと、なかなか気分を切り替えられない。
10. 最近、仕事で無理をしていて、疲労が溜まっている。
11. 対人関係がうまくいかず、落ち込むことがある。
12. 人間関係でストレスを感じることがある。
13. もっと異性や友人から、愛される人になりたいと思う。
14. 話をしても楽しくない人が多い。
15. 不安な気持ちや、鬱状態が続き、精神的に疲労していると感じる。
16. 理由はわからないが、暗い気分になりがちで困っている。
17. 自分の身体には、毒素が溜まりがちだと思う。
18. 煙草、お酒を習慣的に呑んでいる。
19. もっと気楽になれたらなあと思う。
20. イライラしやすく、リラックスしていると感じることが少ない。

<ストレス診断結果>

当てはまる数が…

・0~5個 : ストレス度20%。ストレスフリーな生活を送れています。
・6~9個 : ストレス度40%。時々疲れやすさを感じています。
・10~15個 : ストレス度60%。かなりストレスや疲れを感じています。
・15個以上 : ストレス度80%。心身ともにストレスアラートが出ています。

いかがでしたか? あなたは無意識のうちに、実はストレスを感じているかもしれません。


大切なのは、自分のストレス具合をセルフチェックして、適宜ストレスを発散することです。ストレスを抱えすぎず、うまく発散することで身体も心もリラックスしてよりよい生活を送ることができます。

ストレス度が高いあなたへ、効果的なストレス解消法を7つご紹介します。ストレスフリーな毎日を送るために、自分にあったリラクセーション法を身につけ、ストレスとうまく付き合う手掛かりにしていただければと思います。

ストレス解消法その1:腹式呼吸で、呼吸をゆっくり整える。

身体と心の緊張をほぐすために、呼吸を整えることはとても効果的です。

手軽な方法としては、腹式呼吸をすること。ゆっくりと空気を鼻から吸って、お腹を膨らませます。そしてゆっくり口から身体いっぱいに含んだ空気を吐き出します。1呼吸10秒以上かけて、これを4~5回繰り返します。

身体と心をリラックスさせるために効果的な腹式呼吸は、特に準備するものなどなく、おうちや職場など、場所を選ばずどこでもかんたんに行うことができます。

思考回路があわただしく落ち着かない、イライラするときは実は、呼吸が浅く早くなっています。そんなときは少しだけ手を止めて、目をつぶって腹式呼吸を試してみましょう。酸素が身体中に行きわたり、呼吸がゆっくり落ち着いてきたら、気持ちも自然とリラックスしてきます。

ストレス解消法その2:ストレッチをする

ゆっくり筋肉を伸ばすストレッチは、身体と心をリラックスさせる効果があります。

デスクワークなどで長時間座りっぱなしの姿勢、立ち仕事で長時間足を酷使すると、筋肉が固く収縮した状態が続き、筋肉の血行が滞ります。筋肉の血行が滞っている状態を「こり」といい、筋肉がこった状態は身体と心に思いのほかストレスを与えています。

肩と肩甲骨が大きく動くように腕を大きく回してみる、股関節を柔らかくするためにあぐらの姿勢から腕を前に伸ばす、開脚して前に倒れるものなど、いろいろあります。おうちでかんたんに実践できるストレッチ方法を紹介する本やコラムもたくさんありますので、やり方が分からない人はぜひ参考にしてみてください。

身体を傷めない、無理のない範囲で、大きく深呼吸しながら、身体全体をリラックスさせていきましょう。身体の「こり」がほぐれれば、自然とストレスを感じていた身体と心が緩んで、気持ちが落ち着いてきます。

ストレス解消法その3:有酸素運動で、適度に身体を動かす

ストレス解消のために、身体を動かすことが効果的であるということをご存じの方も多いと思います。ただ、運動はなかなか続けることができないという方もいるのではないでしょうか。

日頃あまり身体を動かす習慣がない方は、まずはいつもの最寄り駅の1つ先まで歩いてみる、車ではなく歩いて買い物に向かう、おいしいランチができるお店を探してそこまで歩いて行ってみるなど、まずは「ウォーキング」から始めることをお勧めします。

運動というのは、何も激しいスポーツに限りません。一日1万歩歩く、などといった小さな目標から始めることが続けるコツです。好きな音楽などを聴きながら、または友達と話しながら歩いてみるのもよいと思います。

ウォーキングは有酸素運動ですので、身体に心地よい疲れをもたらし、夜ぐっすり眠るための睡眠導入剤的役割を果たします。運動すること自体が億劫にならないよう、あなたの生活にあった有酸素運動で、続けられる方法を模索してみてください。

ストレス解消法その4:上質な睡眠&お昼寝

ストレス解消法のひとつに、上質な睡眠があります。上質な睡眠とは、起きたときにすっきり目が覚め、日中眠くならないような睡眠のことです。眠りにつくのが遅く、ついつい夜更かししてしまいがちな方は、上質な睡眠が取れておらず、身体と心にストレスを感じさせているかもしれません。

適度な運動や、寝る前のリラックス方法など、上質な睡眠をとる方法はいろいろあります。こちらのコラムでもご紹介していますので、より詳しく知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

もし日中にどうしても眠くなって集中できなくなったときは、思い切って「お昼寝」してしまうのも一つの手段です。コーヒーなどのカフェインを少しだけ取って、15~30分ほど目をつぶるだけで、頭がすっきりすることがあります。お昼寝前にカフェインを取ることで、ついつい長時間寝てしまうことを防ぐ効果をもたらします。眠くて業務効率が落ちてしまいイライラしてしまうよりは、日中眠気が来たら身体が休んでほしいと叫んでいるものだと思い、少し体と心を休ませましょう。

ストレス解消法その5:ひとりで抱え込まず、話を聞いてもらう

ひとりで抱え込んでしまうより、気の許す友達や家族に話を聞いてもらうだけで、大幅なストレス解消につながることがあります。不安な気持ちやイライラした感情というのは、どうしても個人的なものになりがちですので、そんな時こそ思い切って心内をだれかに明かして、話を聞いてもらいましょう。

誰かに話を聞いてもらうだけで、頭の中で考えていることや感情を整理することができ、心がリラックスする人も多いようです。

あなた自身がストレスを感じているとき、話を聞いてくれる友達や家族を大切に、また相手がそんな状況のときには話を聞いてあげましょう。話しているうちに自ずと解決策が出てくる、アドバイスをもらうことができる「会話」は、ネガティブな感情やストレスを解消できるかもしれません。

ストレス解消法その6:過度の飲酒や煙草をやめてみる

ストレス解消のためにお酒を飲んだり、煙草を吸う人がいますが、これは実はあまりおススメできません。

確かに飲酒は、ストレスを解消するために役立つこともあります。ただし、飲む量と頻度をコントロールすることが必要ですし、習慣的な飲酒は、内臓の疲れや寝不足に繋がります。煙草に関しても、ニコチンは依存性があるため、煙草が吸えない環境に置かれると途端にイライラした気持ちになりますので、ストレスフリーな生活を送るためにはマイナス要因となるのです。

アルコールやニコチンに頼りすぎず、適度な運動や健康によい食事を心掛けましょう。過度の飲酒や煙草をやめるだけでも、イライラした気持ちを軽減することができ、身体も心もリラックスできる可能性が高まります。

ストレス解消法その7:思いっきり笑うこと

笑顔で毎日過ごす人は、免疫力が高く長生きするという科学的データもあるくらい、笑うことによるポジティブな効果は大きいと言われています。

ストレスを感じているあなたの顔、眉間にしわが寄っていませんか? 笑う要素がなかったとしても、日々の会話の中やコミュニケーションで、できるだけ笑顔でいることを心掛けるだけで、自分も相手もストレスフリーな関係性を築き上げることができます。笑顔にはそれだけの力があります。

お笑い番組やコメディ映画などの力を借りてもいいかもしれません。気持ちが沈んでいたり、疲れを感じている方は、思いっきり笑えるようなコンテンツや会話で、意識的に日々の生活を笑顔で過ごしてみてください。

まとめ

ストレス診断、あなたはいくつあてはまっていましたか? そして、ご紹介したストレス解消法であなたがすぐに実践できそうなものはありましたか?

ストレスゼロで生きていくことはとても難しいです。だからこそ、しっかり自分自身のストレスと向き合って、どうやって付き合っていくかを考えていく必要があります。

ひとりで抱え込みすぎず、適度にストレスを発散して、身体も心もリラックスした生活を送るために、ぜひ参考にしてみてくださいね。


SHARE
関連記事
ピックアップ