stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

リラックスのすすめ~上質な睡眠を取るためのコツ~

リラックスのすすめ~上質な睡眠を取るためのコツ~

SHARE

1日の3分の1近くを占めている「睡眠時間」。上質な睡眠を取ることができていると、自信を持って言える人の方が、実は少ないのではないでしょうか。
 
毎日元気で過ごすためには、「上質な睡眠」を取ることができているかどうかがとても重要です。日中の疲れをしっかり癒して、明日も元気に過ごすために、お家に帰ってから簡単に実践できるリラックス方法を実践してみてはどうでしょうか?
 
上質な睡眠を取って、明日も元気に過ごせるように。今回は、お家にかえってから眠りにつくまでに簡単にできる、「上質の睡眠を取るためのコツ」を4つご紹介します。

半身浴で疲れを取る

お家に帰ったらまず、半身浴で身体の疲れをしっかり取って、リラックスすることをおすすめします。
 
シャワーを浴びるだけでは、身体の疲れは中々取れにくいと言われています。半身浴をすると血液やリンパの流れが良くなり、冷えてコリ固まっていた筋肉もしっかりほぐれていきます。疲れた身体をしっかりリラックスさせるためには、やはり温もりが一番です。冷え性解決にもぴったりです。
 
半身浴に適切な温度としては、38~40度、半身浴に適切な時間は20~30分と言われています。汗もかくかと思いますので、胃腸に負担をかけないような常温の水を飲みながらしっかり水分補給も忘れないようにしましょう。
 
半身浴中は、好きな本を読む時間として過ごしてみたり、好きな音楽を聞いてみたりして、浴室の中で自分の好きな時間を持つこともおすすめです。また、好きな香りの入浴剤を使うことも、リラックス効果を高めます。
 
そして、大切なのは、寝る前1時間前までに半身浴を済ませておくことです。
人は体温が下がると眠くなるという性質があります。眠る直前に身体を温めてしまうと、寝つきが悪くなってしまうのです。
 
半身浴で体を温めてから、体温が下がるのはだいたい1時間ほどかかります。寝る時間から逆算して、半身浴は寝る1時間前までを目安にしましょう。

ストレッチをして身体をやわらかく

半身浴で身体をしっかり温めたら。簡単なストレッチをして筋肉をさらにほぐしていきましょう。

特に激しいスポーツをしていなくても、日中立ちっぱなしでいたり、デスクワークで座りっぱなしだったり、通勤などの移動で、私たちの身体は実は想像以上に疲れています。半身浴で身体をしっかり温めた後のストレッチは、凝り固まった身体もほぐれやすい状態です。

手軽にできるストレッチとしては、例えば肩と肩甲骨が大きく動くように腕を大きく回してみる、股関節を柔らかくするためにあぐらの姿勢から腕を前に伸ばすこと、開脚して前に倒れるものなど、いろいろあります。無理のない範囲で、大きく深呼吸しながら、身体全体をリラックスさせていきましょう。

ストレッチの他に、アロマオイルを使ったマッサージや、ヨガを行うこともおすすめです。アロマオイルを使ってふくらはぎや足の裏もしっかりマッサージをすると、さらにリラックス効果は高まりますし、最近ではベッドの上で気軽に行えるようなヨガのアプリもあります。

アロマオイルの香りでやすらぎを。

上質な睡眠をとるためには、香りの効果に頼ることもおすすめです。
 
アロマオイルの香りは、自律神経のバランスを整え、身体の緊張がほぐし、気持ちを落ち着かせる効果があると言われています。
 
アロマオイルには色んな香りがあります。フローラルな香りが特徴の人気のラベンダー、柑橘系のフルーティーな香りが特徴のベルガモット、バラの香気成分がギュッと凝縮されているローズ、りんごのようなフルーティーな香りでやさしい気持ちにさせてくれるカモミール。
 
ぜひ自分のお気に入りの香りのアロマオイルを見つけて、眠る前に部屋全体にほんのりやすらぎの香りを満たしましょう。神経を落ち着かせ、心身ともにリラックスさせることができます。

ホットアイマスクで目のリラックス

眠る直前まで、ついついスマートフォンを触ってしまいがちの方も多いですが、上質な睡眠を取るためには、目もしっかり休めることが大切です。

日中パソコンやスマートフォンを使う時間が長い人ほど、無意識のうちに目を酷使しています。パソコンやスマートフォンは、「ブルーライト」という青色光が入っていて、目に見える光の中で最も波長が短くエネルギーが強いので、目がとても疲れてしまうのです。体内時計に影響が出るというデータも出ています。目の疲れは頭痛や肩こりを引き起こす原因にもなります。

上質な睡眠を取るために、寝る前にスマートフォンを見ることをやめて、ホットアイマスクを使って、目の疲れもしっかり癒しましょう。目元を温めると、目の周りの筋肉がこり固まることで引き起こされる眼精疲労が解消され、しっかりリラックスすることができます。

ホットアイマスクのような快眠グッズは、最近人気を博しているようです。手ごろな値段で購入できるものもたくさんありますので、お家で簡単に使える快眠グッズに頼ってみるのもいいかもしれませんね。

また、目をしっかり休めるためには、部屋を明るくしすぎるのはあまりよくありません。間接照明で薄暗くしておく、完全に消灯しておくなど、目に刺激を与えないような部屋の明るさにしておきましょう。

毎日眠る時間を決めておく

上質な睡眠を取って、次の日の朝気持ちよく起きるためには、眠る時間を決めて睡眠のサイクルを安定させることも大切です。

平日の起きる時間は大体決まっているものです。そうなると、睡眠のサイクルを安定化させるためには、眠る時間を決めておくことも重要となります。眠る時間を決めて、その時間にベッドに入って目をつぶる習慣をつけておくと、その眠る時間になったら自然と眠くなる体内サイクルが生まれます。

そして、この睡眠のサイクルは、平日だけでなく、土日や休日も守った方が良いと言われています。お休みの日だからといって、過度に夜更かしをしてしまうと、次の日起きる時間も遅くなり、睡眠のサイクルが崩れてしまいます。

人によって、適切な睡眠時間はそれぞれですので、自分が何時間眠れば次の日元気に起きることができるのかを試してみて、起きる時間から逆算して、毎日の眠る時間を決めてみましょう。そうすることで、さらに上質な睡眠を取ることができます。

まとめ

上質な睡眠を取るためのリラックス方法、いかがでしたか?

上質な睡眠を取ることは、身体をリラックスさせて、次の日の朝気持ちよく起き、元気に過ごせるためにとても大切なことです。お家でかんたんにできる方法ばかりですので、毎日生き生きと元気に過ごしたい方はぜひ試してみてくださいね。

SHARE
関連記事
ピックアップ