stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

簡単なルールを守ればグッとステキに!リビングに効果的な色の取り入れ方

簡単なルールを守ればグッとステキに!リビングに効果的な色の取り入れ方

SHARE

リラックス感のある快適で心地よいリビングに共通するのは、ステキな色づかいです。

好きなインテリアのテイストやテーマは決まっているのに、なぜかリビング全体がしっくりまとまらない…と悩んだことはありませんか?

それは、リビングのカラーコーディネートに問題があるのかもしれません。
色の使い方次第で、リビングは見違えるほどステキな空間になります。

リビングに効果的に色を取り入れる方法を、カラーコーディネートの実例と共にご紹介します。

1.色の関係を意識する

ステキな色づかいには、まず色を知ることが大切です。
色は様々なカテゴリーで分類することができます。

1-1.無彩色と有彩色

色は、色味のない白・黒・グレーの「無彩色」と、それ以外の「有彩色」に分けることができます。

1-2.色相環 ~同系色・補色・反対色~

有彩色のうち、まじりけのない純色を集めて輪に並べたものを色相環といいます。
色相環は、色同士の関係をみるのにとても便利です。

隣り合う色同士や、近い位置にある色同士を「同系色」といいます。
反対の位置にある色同士を「補色」、反対の位置付近にある色同士を「反対色」といいます。

1-3.同色系のコーディネート実例

同系色は調和しやすくイメージも似ているので、部屋に取り入れると統一感や落ち着きが出やすくなります。

上の図のリビングは、黄やベージュ系のナチュラル木目・緑を中心に、家具や雑貨が配置されています。

黄と緑は、色相環上では隣り合う同系色です。
そのため色同士が調和して、リラックス感あふれる心地よいリビングになっています。

1-4.補色・反対色系のコーディネート実例

補色や反対色同士を部屋に配置するときには、それぞれの色の主張が強くなりインパクトが出るので、注意が必要です。
無彩色をクッション材のように使うと、補色や反対色同士の組み合わせでもまとまり感や落ち着きが出ます。

上の図は、ソファの上に置かれた黄や青のクッションが目を引くリビングです。
色相環上でいうと、黄と青は反対色。
そのため色同士のインパクトが非常に強くなり、部屋全体に対してクッションのサイズは小さいのに、とても目立ちます。

この黄と青のインパクトをうまく中和してくれているのが、天井・床・壁・ソファなど大部分の色を占めている無彩色の白です。

無彩色の白で部屋全体がまとめられているため、小物に使った反対色同士の組み合わせがインパクトを放ちながら、リラックス感を損なうことなく快適な空間が保たれています。

2.暖色と寒色を意識する

色は、同じ色味でもWarm color(暖色)とCold color(寒色)の2種類に分けられます。

暖色は、黄みがかっていて暖かく優しい印象を受けます。
寒色は、青みがかっていてクールでビビッドな印象を受けます。
同じ「赤」でも、暖色と寒色では受ける印象がずいぶん違ってきます。

暖色と寒色が与える部屋の印象は、暖かい印象・クールな印象など、部屋のテイストに大きく影響するので、リビングに取り入れる際に意識することが大切です。

2-1.暖色のコーディネート実例

下の図は、暖色でまとめられたリビングの実例です。

赤・オレンジ・黄に近い木目がふんだんに使われており、暖かく心地よい印象のリビングです。
赤・オレンジ・黄は暖色同士であるだけでなく、同色系でもあるため、部屋の暖かで優しい雰囲気により統一感が生まれています。

差し色の緑は、赤とは反対色に近いですが、オレンジや黄の同系色であるため、インパクトを保ちながらも違和感なく空間に馴染んでいます。

2-2.寒色のコーディネート実例

下の図は、寒色でまとめられたリビングの実例です。

寒色である青が心地よいアクセントになっています。
壁や床は白で統一されているため、クールで爽やかな印象のリビングです。
青い海や空、白い雲を想起させる空間なので、ヒーリング効果もあります。

3.配色を意識する

3-1.配色の種類

部屋に使われる色は、大きく3つの配色に分けられます。
これらの配色にどの色をあてるかによって、部屋の印象が決まります。

・ベースカラー
床や壁、天井など、部屋のもっとも広い面積を占める色です。
部屋の印象に大きく影響するため、どんな色とも馴染みやすい色を選ぶのがおすすめです。

・アソートカラー
ベースカラーの次に広い面積に使われるサブカラーです。
ドアや大型家具やラグなど、比較的面積の広いもので取り入れます。
部屋のテイストを印象付けたり、ベースカラーとアクセントカラーを調和させる役割を担うこともあります。

・アクセントカラー
部屋のもっとも少ない面積に使われる色です。
クッションや椅子、ミニテーブルなど、比較的面積の小さい雑貨などで取り入れます。
ベースカラーの反対色や補色など目立つ色が使われることが多く、文字通り空間のアクセントになります。

3-2.配色によるカラーコーディネート実例

配色によるカラーコーディネートの実例を見てみましょう。

<使う色の種類を揃えてまとまりを出す>

・ベースカラー:白
・アソートカラー:グレー
・アクセントカラー:黒

すべての配色が、白・グレー・黒の無彩色でまとめられたモノトーンリビングです。
壁や床のベースは白で統一され、椅子や壁の絵にアクセントして使われた黒が空間を引き締めています。
ベースとアクセントの白黒の対比をとりもつように、ソファやブランケットにアソートして使われたグレーが空間を調和させています。

モノトーンカラーが与える印象もありますが、全ての配色に無彩色を使っているため、非常に統一感がありすっきりとしたイメージのリビングになっています。

<アクセントカラーで遊び心を取り入れる>

・ベースカラー:茶
・アソートカラー:緑
・アクセントカラー:黄、青

ベースカラーやアソートカラーといった全体的な配色を、茶や緑といったアースカラーにまとめたリビングです。
壁とソファの色が似ているため、空間にぐっとまとまりが出て、リラックス感や落ち着きを感じさせます。

全体的に深く落ち着いた雰囲気なので、クッションに使われた黄と青のアクセントカラーがそこだけポップで目を引きます。
アクセントに使った黄と青の反対色同士の組み合わせのインパクトを、遊び心としてうまく取り入れた配色です。

<ベースカラーに合わせる>

・ベースカラー:白、黄
・アソートカラー:緑
・アクセントカラー:黒

ベースとなる壁と床の色が違う場合は、家具や小物でさらに色を増やしてしまうと、まとまりがなくゴチャついた印象を与えてしまします。
ベースカラーに2色以上の色が使われているときは、配置する家具や小物の色をベースカラーの同系色などで合わせるのがポイントです。

上のリビングは壁が白、床がナチュラル木目の黄です。

大きめのソファには、床の黄に馴染みの良い緑を選んでいます。
それに合わせて、花瓶や観葉植物も緑で統一しています。

またテーブルや棚には、壁と同じ白を選んでいます。

同系色ばかりだとぼんやりしがちな空間に、額縁の黒がアクセントを聞かせて空間全体を引き締めています。

4.まとめ

リビングに効果的に色を取り入れるには、意識するべきいくつかのポイントがありました。

・色同士の関係(同系色・補色・反対色)
・Warm color(暖色)とCold color(寒色)
・色の配色(ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラー)

色に関するこれらのルールを考慮すればリラックス感のあるリビングから、遊び心のあるリビングまで、ステキな色づかいの施されたリビングをつくることができます。

リビングに色を取り入れる際は、これらのルールをぜひ参考にしてみてください。

SHARE
関連記事
ピックアップ