stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

撮影風景

撮影風景

SHARE

今日はストレスレスモーメントのインタビューで、料理家 渡辺有子さんにお会いしました。

以前から渡辺さんの料理の美しさはもちろん、モノの選び方やセンス、写真や文章から伝わるあたたかで率直な人柄や空気感が好きで、私の中の絶対的「ストレスレスな人」だった渡辺さん。
どうしてもこのインタビューでいつかお会いしてみたいと強く念じていたら、なんと実現できてしまいました!
強く想うことって本当に大切で、運もしあわせも引き寄せてくれるものなのだと、心から思う次第です。

実際お会いした渡辺さんは、纏う雰囲気もたたずまいも話し方も表情も。
それはもうある意味想像通りの、品があって、やわらかな空気感と透明感があって、チャーミングで。
私のつたない形容では伝わらないのがはがゆいばかり・・・なので、1枚だけオフショットをお見せしますね。

はい、まさしく一見にしかず。


撮影では渡辺さんのナチュラルなイメージに合う、ファブリック×ウッドのストレスレスユーシリーズ ジェームスを用意。
グレー基調のシックなキッチンスタジオにやさしく暖かみのあるホワイトのファブリックチェアがピッタリ溶け込んでいました。

ちょうどハードなお仕事明けでお疲れの様子だった渡辺さんの体にもピッタリフィットしたようで、リラックスした雰囲気の中で撮影や取材も進みました。

インタビューでは渡辺さんのライフスタイルやシンプルに心地よく暮らすことの根本が垣間見える、いいお話がたくさん伺えたので、早くみなさんに見ていただきたいです。
これ以上書くとネタバラししてしまうので、このあたりで。



最後に私が持っているいくつかの渡辺さんの本の中から一冊をご紹介します。

「365日。小さなレシピと日々のこと」 

渡辺さんの1日1投稿ダイヤリーのような構成で、自身で撮った写真1枚に短い文章が添えてあります。
料理本ではなく渡辺さんの日常をとりまく、生活を彩る心地よいモノやコト、大切なヒトなどが載っていて、ページを捲りながら、写真を見ながら、文章を読みながら、なんとも幸せな気分になる一冊でオススメです。
本当は先にページを進めるのがもったいないような・・・・日めくりカレンダーのように、毎日一つ、大切にじっくり見たい本でもあります。

料理も写真も、クリエイティブでその人のセンスが現れるもの。
形として表現するのに、日々“感じる力”が何より大切なんだと、今回お会いして思った次第。
渡辺さんが表現する数々の目に見える「それ」には、一貫して自身の審美眼にブレない価値観あるのだと気づかされます。


料理や食べることを通じて、豊かな生活を提案する渡辺さん。同じ日々の暮らしの中で、COMFORT(快適さと居心地のよさ)を提供するストレスレス。
同じ想いを繋いでコラボレーションできたことに感謝して。


Marketing/Setou

SHARE