stressless® Moment(ストレスレス® モーメント)

ブログ

ストレスレスな映画ー番外編        「HERE IS HAROLD-ハロルドが笑うその日まで」
ストレスレスな映画ー番外編        「HERE IS HAROLD-ハロルドが笑うその日まで」

今コラムでは“北欧から届いた”映画3選を紹介していますが、ブログでは追加して1本ノルウェー映画をご紹介。
日本では2016年の春に公開されたこの映画は、普通にハートウォーミングな映画としても楽しめつつ、“家具”が一つの視点にもなっていてぜひオススメです。
IKEA VS ノルウェーの家具店を巡る騒動が、北欧の家具に対しての想いもさりげなく投影されています。

今年1月末に91歳で亡くなったIKEAの創業者 イングヴァル・カンプラート氏にも想いを馳せながら・・・・ぜひ見ていただきたい1本です。


下記以前のFacebookでの投稿を流用―――


【ノルウェー映画ご紹介】
HERE IS HARORD ハロルドが笑うその日まで
2014年 ノルウェー映画
配給=ミッドシップ 監督=グンナル・ヴィケネ
出演=ビョルン・スンクヴィスト、ビヨーン・グラナート、ファンニ・ケッテル


―――
4月16日(土)に公開になったノルウェー映画「HERE IS HARORD」に早速行ってきました。

ノルウェーで40年以上家具店を営んできた主人公ハロルドの店が、隣に北欧最大規模のIKEAが出店したことで閉店に追い込まれ、今までの生活のすべてを失う。逆上したハロルドはIKEAの創業者イングヴァル・カンプラードを誘拐して復讐に・・・というストーリー。

全体として上記のストーリー以上にさして起伏があるわけではないのだが、出てくるハロルド他登場人物がそれぞれに情けなくて、でもチャーミング。
シニカルで悲しい話でもありながらユーモアがあって、降り積もる雪の中の世界はストーリーすべてファンタジーのようで。
劇場内が何度となくクスクスしているほのぼの感。
ノルウェー ベルゲンからオスロを経由してスウェーデンに向かいながら展開する景色はちょっとしたロードムービー風で、ノルウェーの自然や街の空気感を満喫できる。

そして、なによりIKEAの創業者カンプラードとハロルドの全く違う価値観を持つはずの二人の対立と歩み寄りと友情めいたものがなんともいい。
400年変わらぬ椅子をひとつひとつ愛着を持って大切に磨き上げるハロルド。
ハロルド曰く“すぐ壊れるクズ”・・・でも誰にでも手に届く家具に絶妙なプレゼンテーションと経営手法で成功したカンプラード。
「壊れる頃にはもっといいものがまた作られている」「椅子そのもののよさより大切なのは座る人間自身の方だ」というカンブラートの語録もあり。

質素倹約やシンプルなライフスタイルを謳う会社のイメージ戦略、マスコミ対策の裏で舌を出していたり、かと思えば古びたハロルドのSAABのトランクで縮こまっていたり・・・本物にそっくりなカンプラードの方がウワテで可愛らしく思えてしまったのが、これもIKEAの戦略かとやられた気分。

スウェーデンへのノルウェー人の反撥、そして和解が垣間見えながら、一番脳裏に焼き付いたのは、夜の灯りに浮かび上がるハロルドの家具店とIKEAが並んだシーンだった。
相反するようでいて、そのシーンはカメラフレームの中に共存し、とても美しい。
聞いたところノルウェー人はIKEAが大好きらしい。(ノルウェーには現在5店舗。映画に登場するベルゲン オサネにも実際に店舗がある。)
しかし古くからの家具も、祖父母や親から受け継ぐ資産としてそのキズやアンティークな風合いを楽しみながら長くずっと大切にすると言う。
実際ノルウェーでいくつか自宅を拝見させてもらった時、こういった組合せの妙とコーディネートの美しさに目を見張ったものだ。

家にはその人自身の心の豊かさが映るものだと思う。
幸せで豊かと言われる北欧の人々の原点を、揃えた家具や家そのものに見ながら鑑賞するのも面白いかもしれない。


Marketing/Setou

撮影風景
撮影風景

今日はストレスレスモーメントのインタビューで、料理家 渡辺有子さんにお会いしました。

以前から渡辺さんの料理の美しさはもちろん、モノの選び方やセンス、写真や文章から伝わるあたたかで率直な人柄や空気感が好きで、私の中の絶対的「ストレスレスな人」だった渡辺さん。
どうしてもこのインタビューでいつかお会いしてみたいと強く念じていたら、なんと実現できてしまいました!
強く想うことって本当に大切で、運もしあわせも引き寄せてくれるものなのだと、心から思う次第です。

実際お会いした渡辺さんは、纏う雰囲気もたたずまいも話し方も表情も。
それはもうある意味想像通りの、品があって、やわらかな空気感と透明感があって、チャーミングで。
私のつたない形容では伝わらないのがはがゆいばかり・・・なので、1枚だけオフショットをお見せしますね。

はい、まさしく一見にしかず。


撮影では渡辺さんのナチュラルなイメージに合う、ファブリック×ウッドのストレスレスユーシリーズ ジェームスを用意。
グレー基調のシックなキッチンスタジオにやさしく暖かみのあるホワイトのファブリックチェアがピッタリ溶け込んでいました。

ちょうどハードなお仕事明けでお疲れの様子だった渡辺さんの体にもピッタリフィットしたようで、リラックスした雰囲気の中で撮影や取材も進みました。
インタビューでは渡辺さんのライフスタイルやシンプルに心地よく暮らすことの根本が垣間見える、いいお話がたくさん伺えたので、早くみなさんに見ていただきたいです。
これ以上書くとネタバラししてしまうので、このあたりで。



最後に私が持っているいくつかの渡辺さんの本の中から一冊をご紹介します。「365日。小さなレシピと日々のこと」 

渡辺さんの1日1投稿ダイヤリーのような構成で、自身で撮った写真1枚に短い文章が添えてあります。
料理本ではなく渡辺さんの日常をとりまく、生活を彩る心地よいモノやコト、大切なヒトなどが載っていて、ページを捲りながら、写真を見ながら、文章を読みながら、なんとも幸せな気分になる一冊でオススメです。
本当は先にページを進めるのがもったいないような・・・・日めくりカレンダーのように、毎日一つ、大切にじっくり見たい本でもあります。

料理も写真も、クリエイティブでその人のセンスが現れるもの。
形として表現するのに、日々“感じる力”が何より大切なんだと、今回お会いして思った次第。
渡辺さんが表現する数々の目に見える「それ」には、一貫して自身の審美眼にブレない価値観あるのだと気づかされます。


料理や食べることを通じて、豊かな生活を提案する渡辺さん。同じ日々の暮らしの中で、COMFORT(快適さと居心地のよさ)を提供するストレスレス。
同じ想いを繋いでコラボレーションできたことに感謝して。


Marketing/Setou

IFFT (インテリアライフスタイルリビング)
IFFT (インテリアライフスタイルリビング)

ただいまIFFT(インテリアライフスタイル展)に出展中です。IFFTとは東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」インテリア・デザイン市場のための国際見本市です。毎年家具系の大物から部屋をコーディネートする照明やインテリア関係、器やグリーン、雑貨、フレグランスなどまで様々なメーカーや企業が出展しています。商業見本市なので、業界関係者しか入場できませんが、業界の今のトレンドや新商品をいち早くキャッチできるとあり、店舗のバイヤーやホテルなどの施設関係、メーカーなど数多くの関係者が来場する一大見本市です。いつも催事などで協力いただいているNORWAGIAN ICONSも出展しています。人気のfjordfiesta(フィヨルドフィエスタ)のSCANDICチェアやDokkaのライト、その他スツールやラグ、ブランケットなど様々なノルウェーデザインが美しくコーディネートされています。そんなIFFTにエコーネスでは今回は日本初公開の新商品-レッグコンフォートの発表の場として出展しています。
ストレスレスレッグコンフォートとは、電動フットレスト付リクライニングチェア。ストレスレスは心地よくリクライニングの体勢で足をサポートする目的でオットマンをセットで販売していますが、レッグコンフォートはチェアの下にフットレストが収納されており、オットマンがない分、省スペースでチェアをスッキリ置けます。その他にも、足の長さに合わせてフットレストを自分仕様に調整できたり、足首から下に傾いているのでカカトにも負担がかからないなど細かな部分も快適に使っていただけるように工夫されています。

今回は参考出品ということで、ストレスレスのイノベーション、新しい快適のカタチを見ていただく場として、業界関係者の方々に体感いただいています。

一般の皆様が店頭でご覧いただけるのは、2018年半ば以降を予定しております。
正式な販売時期が見えましたらまたアナウンスさせていただくので、楽しみに今しばらくお待ちください。


Marketing/SetouIFFT-Interiorlifestyleliving
2017.11.20→22
10:00~18:00

東京ビックサイト(国際展示場)
EKORNES出展ブース:西4ホール HOME J-03

秋深まるノルウェーで見つけた「ブルー」
秋深まるノルウェーで見つけた「ブルー」

こんにちは。マーケティング部 瀧石です。
ストレスレスチェアの故郷ノルウェーは、いつ行っても、きれいな色があふれていて、街を歩くだけでわくわくします。
秋深まるノルウェーで見つけた、たくさんの「ブルー」をご紹介しましょう。
マダム向けのニットのお店。いちおし商品のキーカラーはブルー。上質なニットで発色がとってもきれい。お店の商品に合わせてディスプレイされていたアジサイ。鮮やかですねー。店内の白い壁によく映えます。ノルウェーの人はみんなお花が大好き。お部屋に飾ったり、プレゼントしたり。お花屋さんは町のあちこちに。淡いブルーのアジサイもいいかんじ。秋の実がぎっしり!!!のリース。 木の実のシックなブルー。お部屋に飾りたい。冬の足音が聴こえてくる季節には、ウールの室内履きも店頭に並びます。厚手でとってもあったかそう。イエロー、レッド、ブルー…気分が明るくなるラインナップ。そしてやっぱり、ノルウェーのブルーといえば、空と海!写真は港町ベルゲンです。眺めていると不思議と心が落ち着きます。

秋のノルウェーの「ブルー」、いかがでしたでしょうか。ストレスレス®のうまれ故郷の冷たく澄んだ空気感をお届けできていたらうれしいです。

Photo: SHINO CHIKURA

God dag (こんにちは)
God dag (こんにちは)

はじめまして。エコーネス マーケティング/ブランドマネージャーの瀬藤(せとう)です。
Stressless® MomentのサイトOPENにあたって、今日からブログを始めることになりました。

記念すべき1本目ということで、まずはこのサイトの趣旨とストレスレス®について紹介させていただければと思います。
Stressless(ストレスレス)という言葉はそもそも造語で、エコーネスで商標登録を取っているブランド名称です。
ストレスがないという意味は、英語だとstress freeかnon-stressになります。
エコーネスでTVを快適に観るために開発されたこのチェアにストレスレス®というブランド名をつけた創業者はなんてナイス! とブランドPRする身で、とてもいいブランド名と自負しています。

名前だけで心地よさや解放感が想像できるってすばらしいですよね?
この商品にこれだけピッタリなブランド名は他にないと、商品や生産現場、ノルウェーという国や人々を知るたびに実感します。
そして“COMFORT(快適さ)を世界中の家に届ける”というエコーネスの使命に心から共感するのです。

実際私がこの会社に入社したのも、ノルウェーという大自然や空気に触れ、ノルウェー人の生活を垣間見て、そのライフスタイルと人々の気質、仕事やプライベート・家族に対しての考え方、家で過ごす時間とくつろぐための家に対しての想い、そしてなにより出会った人たちが纏っていた、そのハッピーなオーラにノックアウトされたからに他なりません。
当時あくせく深夜まで働いて、寝ないで荷造りして飛び込んだ初めてのノルウェー。その時の感動と衝撃といったら!目に映ったひとつひとつの風景や出会った人たちの表情ひとつまでもが今でも鮮明に忘れられないのです。

そして家に、人々の生活に、当たり前のように溶け込んでいるストレスレス®チェア。
欧米では普通のことですが、日本ではまだまだくつろぐためのパーソナルチェアを家に置くという感覚やイメージすらなかなか持てないかもしれません。
でもそれは知らないから必要とも感じないだけであって、家でくつろぐための最高のツールであることは間違いない!!(断言) それならお伝えしましょう、知ってもらいましょう、みなさんに。

一日に座っている時間は、なんと日本人が世界で一番長いらしいです。
座りすぎは健康にもよくないですが、それだけ座る時間が長ければ、せめて自宅でリラックスする時間ぐらい、心地よく自分を解放できるチェアがあったら・・・と思いませんか?

人によってストレスレスだと感じる時間や場所、何をやっている時なのか、ひとりの時なのか誰かといる時なのか、それはさまざまだと思います。
ストレスレス®チェアはそのあくまでくつろぎを提供するひとつのツールであり手段です。

このサイトではそのひとつのツールがあることを知っていただきながら、ストレスレスなライフスタイルのかたちをいろいろご紹介していければと思っています。

ぜひぜひ気が向いたときに、サイトを覗いていただけると幸いです。
ここでの出会いが、みなさまにとって“Stressless® Moment”になりますように。


Marketing/Seto